ロスト・エリア 真実と幻の出逢う森

解説

「スター・トレック」シリーズのアントン・イェルチンと「(500)日のサマー」のズーイー・デシャネルが共演したクライムドラマ。両親を亡くした青年ピエールは、ミュージシャンになる夢をあきらめて故郷に戻り、バーテンダーとして働きはじめる。ある日、森を散歩中に誤って古井戸に転落してしまったピエールはそのまま一晩を過ごし、翌日偶然通りかかった女性ステラに助けられる。ミステリアスなステラと恋に落ちるピエールだったが、やがて麻薬組織が絡む事件に巻き込まれていく。共演に「セッションズ」のジョン・ホークス、「ライフ・アフター・ベス」のオーブリー・プラザ。

2015年製作/95分/アメリカ
原題:The Driftless Area

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

オソレゾーン

映画レビュー

1.5心霊現象

2020年6月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

興奮

時間軸に戸惑う序盤から、マジメに観ていたらオカルト方向に話が進んで?テンションが下がる。

話の展開が進んでいるようで停滞している感じに、飽きも生じてくる。

地味に好きなオーブリー・プラザはチョイ役過ぎて物足りなさが、ジョン・ホークスは相変わらずなヤサグレ感が堪らないが、間抜け過ぎて半端な悪役が微妙。

どっかで見たことあるような「(500)日のサマー」の娘だったのかぁ、とアントン・イェルチンよ安らかに。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
万年 東一

3.0不思議の森のズーイー

2017年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

難しい

寝られる

あらすじを少し読んだ限りではおそらく不思議系の映画なんだろうなと思ってはいましたが、ホント予想通りの不思議系映画でしたね。
そもそも主演の2人からしてある種不思議系とも言えますから、まあ2人とも嵌り役でしたし、世界観にも物凄くマッチしてましたけど、やはり不思議系な内容だけに、見終わっての満足感は程々と言うか、作品同様フワフワした感覚に陥ってしまう感じで、少し経ったら内容忘れてしまいそうなぐらい印象には残り難い映画だったかなと・・・。
まあとりあえずキャスト目当てで見た映画なんで、久々にズーイー・デシャネルを見れた満足感と昨年急逝したアントン・イェルチンとの共演を見れただけでも、見て損と言うことはなかったですけどね。

しかしこれはジャンル分けが物凄く難しい映画でしょうね。
ラブ・ファンタジー・ヒューマン・クライム・サスペンス・ミステリー?
中途半端にいろんな要素がありすぎて、見ていて何かと混乱してしまった映画でした。
時系列も微妙に変わっていたり、現実なのか幻なのか、生きているのか死んでいるのかもよく分からなくなったりで、ホント不思議系な映画だったなと・・・。
ただいろいろと意味深な台詞は出てくるのですが、いまいち頭に入ってこない、と言うかあまり本筋には関係ない感じだった印象で、そこに関しては正直相当邪魔くさかったです(苦笑)

まあでも部分部分では面白くて、特にジョン・ホークスが演じたチンピラが残忍なようでちょっと抜けている辺り、いい感じに緊張感を醸しつつもほんのりクスッと笑えたりで、憎めないってほど愛嬌のあるキャラでもなかったですが、何ともクセになってしまうような雰囲気を醸し出していて最高でした。
とりあえず、リアルでは出会いたくない人物ですね、まさしくリアルクズです・・・。
そんな彼とメインの2人が展開するクライム的な部分に関しては、それなりに面白かったと思いましたよ。

不可思議なラブファンタジー的部分に関しては、かなり好みも分かれそうですが、でもズーイー・デシャネルなら妙に納得と言うか、さすがに全盛期よりは老けた印象ですが、やっぱり魅力的でした。
まあとにかく不思議な映画でしたけど、結末にはある程度の納得感、そして友人達も皆いいキャラしてましたね。
フランク・ランジェラやキアラン・ハインズ等、脇役陣も充実のキャスト、 DVDスルーとしてはお得感のあるキャスティングで、そこに関しては満足の一本でした、内容はまた別として・・・。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
スペランカー
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ロスト・エリア 真実と幻の出逢う森」以外にこんな作品をCheck-inしています。