君と100回目の恋

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
君と100回目の恋

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

シンガーソングライターのmiwaとNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や映画「ヒロイン失格」などで人気の坂口健太郎の主演による恋愛映画。事故に遭った大学生の葵海は気付くと、1週間前の教室にいた。時間を戻す能力を持つ幼なじみの陸は、葵海の運命を変えるため、何度も時を戻していた。互いの思いを知った2人は、恋人として日々をやり直すために1年前に戻る。幸せな時間を過ごす2人だったが、再び事故の起きたあの日がやってきて……。「マエストロ!」以来2作目の映画出演となるmiwaが葵海役を演じ、劇中で鍵となる楽曲も書き下ろし。陸役を坂口が演じる。監督は「黒崎くんの言いなりになんてならない」の月川翔。

2017年製作/116分/G/日本
配給:アスミック・エース

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
大島里美
エグゼクティブプロデューサー
豊島雅郎
プロデュース
井手陽子
アソシエイトプロデューサー
富田敏家
鼻田拓
ラインプロデューサー
橋本竜太
撮影
小宮山充
照明
保坂温
美術
五辻圭
録音
矢野正人
装飾
折戸美由紀
編集
森下博昭
音楽
伊藤ゴロー
音楽プロデューサー
安井輝
主題歌・劇中歌プロデューサー
吉竹直樹
助監督
北野隆
スタイリスト
荒木里江
ヘアメイク
内城千栄子
スクリプター
近藤真智子
制作担当
鍋島章浩
キャスティング
坪井あすみ
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2017「君と100回目の恋」製作委員会

映画レビュー

3.0miwaと坂口のファン以外には冗長かも

AuVisさん
2017年2月3日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

楽しい

「恋はデジャヴ」「オールユーニードイズキル」を思わせるループもの。同じ時間を繰り返すうちに男女の関係が変わっていくのは前者、主人公が死ぬと過去の始点に戻るのは後者と共通する。

音と同時に時も刻むレコードを、過去に戻る装置に選んだのは良い着想。ループものと音楽青春映画を折衷したような本作で、両要素をつなぐアイテムにもなっている。

miwaは「マエストロ!」では悪くなかったが主役を張るには演技力不足か。表情から感情が伝わらない場面が多かった。

坂口健太郎の役は、イケメンで音楽の才能にも恵まれ、すべてにそつがないという完璧キャラだが、実は…という落としどころがあるのが救い。ただし、相対性理論を猛勉強したりとか、思わせぶりな設定をその後の展開に生かし切れてない印象も。

テーマは普遍的。90分に収まっていたらまだよかった。miwaと坂口のファンなら楽しめるが、それ以外の人には冗長かも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
AuVis

3.5イマ

2019年9月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

イマを大切にする

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ho_no_ka_ka_ka

4.0まさか…、月川監督のお涙頂戴もの

唐揚げさん
2019年8月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

幸せ

見始めた時、予告を見る限りでは、きっと時間を戻せる主人公が最終的にヒロインを助けてハッピーエンドで終わるのだと思っていましたが、決してそんなものではなく、最後はまさかとは思っていましたが、ウルっと来てしまいました。
詳しくは言えませんが、いい意味で月川監督また期待を裏切ってくれました。
キミスイの前なので世間的にもまだあまり有名ではない月川監督ですが、どの作品も面白いですね。
色々批判があったみたいですが、miwaさんは文句なしに歌が上手くて、演技も全然鼻に付かず、自然でいいですし、坂口健太郎さんだって、いい歌声だと思います。
挿入歌アイオクリ、主題歌君と100回目の恋も感動的です。
個人的には、miwaさんはマエストロの時よりも好きかもです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
唐揚げ

2.0天は二物を・・・

kossyさん
2019年7月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 最初は同じバンドの直哉(竜星)から葵海(miwa)みんなの前で告白されるのだが、1週間前の講義に戻ってからは、陸(坂口)から告白され、1年前からやり直さないかと言われる。そして、大学1年に戻った2人は恋人同士となり、もう一度バンド活動を改めて繰り返すことになる。

 幼い頃から何度も時間を巻き戻してやり直してきた陸。ギターを披露したことも、レコード型チョコレートを作ったことも、バンドメンバーを集めたことも、葵海のために繰り返してきたことなのだ。それでもバンドでライブをするまで告白できなかったという、かなりおとなしい性格だったのだ。

 恋人が死んでしまうことを、タイムスリップして繰り返すというのは『タイムマシン』のプロットそのままだが、同じように何度やり直しても死ぬという運命は変わらない。この作品では、ついにあきらめて、最後まで精一杯生きようとするストーリーになっている。

 とにかくmiwaの演技が下手すぎることが問題。さらにストーリーでは、1人が未来を変えようとする時空の使い手という点で、もっとやり方があるだろうと思わせる。女の子1人のためにその能力を使うならもっと早く告白すべきだろうし、葵海が死ぬことをわかったのなら、彼女自身も時間の能力を持ったことと同じなので、未来は変わるはず・・・教えなきゃ良かったのに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全100件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る