愚行録のレビュー・感想・評価

メニュー

愚行録

劇場公開日 2017年2月18日
161件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

私は面白かった!!!いろいろ考えて見れたし妻夫木が素晴らしい

私は面白かった!!!いろいろ考えて見れたし妻夫木が素晴らしい

s
sさん / 2018年6月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これがイヤミスというものなのか…。 イヤすぎる。全員演技なの当たり...

これがイヤミスというものなのか…。

イヤすぎる。全員演技なの当たり前だが小出恵介イヤな奴だわ、この映画みたら嫌いになる。妻夫木聡もすごい。女優もみなすごかった。 顔が。歪んだ笑いに悪意がらこぼれる表情。

yonda?
yonda?さん / 2018年5月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まさかの… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

バスで始まりバスで終わる。
小さな愚行。

幼少期の歪んだ環境の中、兄妹は2人だけの秘密を共有する。

記者の田中は1年前のエリート家族惨殺事件を追う。
同僚や同級生への集材で浮かび上がる人間性。
周りの人を踏み台にしのし上がろうとする人間の姿が映し出される。

良い大学に入れば生活が変わると期待してたい。
しかしそこには階級があり華やかさの裏に醜い嫉妬や憎悪が渦巻く世界があった。

田中は集材を続ける中で妹光子の学生生活の実態を知る。聴くに耐えない事実…兄は妹を庇い罪を犯す。

光子は娘のちひろを虐待し逮捕されていた。
精神鑑定で過去を語り出す光子。

惨殺事件と光子が繋がる。
そして光子の娘の父親が明らかになる時…
兄の愚行録に気づく。

もしかしたら父親も死んでいるのかな?

eriee
erieeさん / 2018年3月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

‾‾‾‾

「人って怖いですよねぇ、どこでどんな恨み買ってるかわからないんですから」
すこぶるリアルで、あるあると頷くシーンがいくつもあった。暗いし、嫌な気持ちにしかならなかったけど、見たことを後悔はしてない。

ぱんちゃん
ぱんちゃんさん / 2018年3月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お兄ちゃんだけはそのままがいい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

【愚行録:おすすめポイント】
1.前半と後半で全く雰囲気が変わり、ラストに向けていろんなことが!!!
2.個人的には田中光子役満島ひかりが凄くいいなぁ!!
3.普通にあり得るこの階級社会映画はどう評価すべきか難しい!

【愚行録:名言名セリフ】
1.田中武志役妻夫木聡の名言名セリフ
 →「その希望さえも打ち砕く 悪魔みたいな生き物が この世にはいるんです」
2.田中光子役満島ひかりの名言名セリフ
 →「お兄ちゃんだけはそのままがいい」
 →「私はもう夏原さんにはなれない」
3.宮村淳子役臼田あさ美の名言名セリフ
 →「日本は格差社会ではなく、階級社会なんですよ」
4.稲村恵美役市川由衣の名言名セリフ
 →「みんな愚かで空っぽなのに」

【愚行録:個人評価=★★★】
★★★★★:今すぐ観るべき‥人生を生きる為の何かを教えてくれる貴重な映画
★★★★:早めに観るべき‥観る人だれにでも感動を与えてくれる大事な映画
★★★:まあ観ても良し‥観る人によっては意味を全く持たない普通の映画
★★:観なくても良し‥単に時間だけを浪費してしまう可能性が高い映画
★:観てはいけない‥観た後に非常に残念な気持ちを感じてしまう映画

【喜伝会】会長
【喜伝会】会長さん / 2018年3月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

さ迷える兄妹

最後にドンドン真相が浮かんでくる。憐れな兄妹。
きっとそんな家庭環境に育ったから二人で倫理も越えて生きていくしかなかった。
でも這い上がろうとしたけど、ムリだった。
赤ちゃんの父親は…田向一家殺人事件の真犯人は…
ドンドン真相が見えてとても暗く憐れな兄妹に惹かれました。

実の父親も出て行ったのではなく…母親も逃げるしかなかったのかも…

考えてしまい素晴らしい作品でした!!

ちぃ
ちぃさん / 2018年3月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

暗い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まさしく暗い静かな映画
2つの事件が繋がるというのは典型的パターンではあるし、予想を上回る展開はなかった(妻夫木聡の殺人シーンはビックリしたけど)

まさしく「愚行録」だろう
記者も妹も被害者たちも証言者たちも愚行をしたばっかりにこのようなことに…(読み解きが甘い?分かってる)
演技派キャストで重苦しい空気感がヒシヒシと感じられて見応えがないといえば嘘になるがどうにも物足りなさを感じるのは気のせい?
映画を見過ぎて分からなくなったのか、まだまだ映画を見てないから分からないのか

個人的には「悪人」のほうが震えるくらい傑作であった

人のレビューを読んで改めて
演技はさすがの一言
多くを語らない感じも秀逸
トーンの暗い映像も雰囲気出てるので良し
被害者の女性のほうは明らかに強かなヤバイ女だと思うのにみんな騙されるのよねぇ~
妻夫木聡のタバコで隠蔽するのは怖かった

登場人物たちの「愚行」があまりにも愚かであり、共感しえない
周りにもこういう人間はいるかもしれないし、階級というか格差みたいなのも確かにあるのだろう。
でもリアルさみたいなものは感じることなく終わった。(自分がそういったものに無縁だったのもあるかも)

テツ
テツさん / 2018年2月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

役者はすごい!

配役、それぞれの演技はすごいんです!
良い演技だし、雰囲気はめちゃくちゃある。

ただ、やっぱりこういうストーリーはなかなか難しい。
何というか、納得できなかったり、見ていて不愉快になるというか、誰が得する映画なんだろう?と思ってしまう。
妙にリアルにかつ淡々と描かれていることで、自分がいる現実世界と変にリンクしてしまい、悍ましい気持ちになる。

結局犯人って妹?
妻夫木は、全てを知っていて妹に操作の手が及ばないようにしている?
でも、最初の方のシャワーシーン、男だよね?

兄と妹の間にある秘密、それってもしかして、もっともっと深い所にあるんじゃないの?って思ってしまった。

静か
静かさん / 2018年1月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

満島ひかりだから見たけど

かなり早い段階から集中出来なくてどうでも良くなってくる。
妻夫木君のヤル気のない感じ(演技ですが)が伝染する感じ。

おこげ
おこげさん / 2018年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まさに、愚行録

なんて悲しい、愚かな兄妹。愚かな人間が、愚かな人間たちの話を聞く。みんな愚かで、空っぽな人間。小出恵介が不起訴になったお陰で観ることができた。映像が素晴らしい。

いつこ
いつこさん / 2018年1月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今となってはどうしようもないじゃないですか

愚かな行いの記録。

1年間未解決のままのエリートサラリーマン一家殺害事件。週刊誌記者の田中が取材を始めることにより被害者一家の思いがけない実像が明らかになっていく。

「人間」であるゆえに羨望や嫉妬はかき消すことができない。
余計な駆け引きもその一つ。
この作品は人の「日常」を描いていました。
自分が正論になりやすく、記憶は自分の視点で組み上げられ書き換えられていく。きっと冒頭のバスのシーンも両者ともに良いように汲み取られていくはず。

満島ひかりの“からっぽ”感に恐怖を感じつつも惹かれてしまった一作。

ゆき
ゆきさん / 2017年12月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恐らく某俳優氏の問題が無ければもっとメディア露出が多かったのだろう...

恐らく某俳優氏の問題が無ければもっとメディア露出が多かったのだろうと思われる程の佳作だと思う。
もう少し過去描写のシーンがあった方が作品のバランスとしては有り難かったかなと。
どんな作品に出演しても換え難いと思わせる女優は希少である。

sakahiro
sakahiroさん / 2017年12月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

全てが

最後にあっとされた。
愚行。。。

なるほどね

yomo
yomoさん / 2017年11月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

妻夫木くんの表情が全てを語る

正直、小説の方が面白かった。
小説の方が遠回りしながら物語が繋がって行きゾッとした記憶があったけど、映画版は時間の問題もあると思うけど、すんなり物語が進んでしまって、まぁそうだろうな。と言う感じでインパクトは薄く感じた。

映像化するとこんな鬱映画になるのか!とズンと重かったけど、妻夫木聡、満島ひかり兄妹の演技はいつもの事ながら素晴らしかった。見てるだけで子どもの頃の辛い経験が透けて見えたし、特に妻夫木くんの表情は見てるだけで辛かった。

それにしても大学ってのはろくでもない所だな。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2017年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ありのままの一般的な群像 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

作品を見ていると、時間の経過とともにどんどん嫌な気分になります。それは登場するキャラクターの殆どすべてが所謂「感じ悪い人」だからでしょう。そういうキャラクターの多さに「人間ってこんなものじゃないはず・・・」と否定したい気持ちが湧きますが、実はその否定感情の方が綺麗ごとでしかなく、案外普通の人間像を描いてる事に気が付きます。
ミステリー作品として筋立てはよく練られており、妻夫木聡さんの感情を抑えた冷淡かつ生命力を感じない演技や、逆に田中光子(満島ひかりさん)の情念的で、ある意味純真さすら感じてしまう存在感は見ごたえがありました。
全体としての出来の良さは理解できます・・・が、私はこの作品が嫌いです。
こういう作品に対して、一定の需要があることに不安を感ぜずにいられない臆病ものなんですよね。自分は。

まんてん
まんてんさん / 2017年11月2日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

こういうのが見たかった!

こういう淡々とした、ダラダラとしない展開の早いサスペンスが私は好きです。
事態の残酷さや深刻さを無理に重苦しく描いているということもありません。
1つ1つのことを詳しく説明しすぎないところもこの映画の良さだと思います。
若者特有のいやらしさを上手に描いている気がします。
全て見終わった後にこの作品のタイトルを見ると、なるほどな〜〜と思うはずです。

プリマベーラ
プリマベーラさん / 2017年10月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

満島ひかりの演技がたまらない。 不穏感。心の闇。

満島ひかりの演技がたまらない。
不穏感。心の闇。

まどかす
まどかすさん / 2017年10月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

で、結局なんなのよ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何かね、母親の表情から最後の衝撃を描こうとか、そういう観客頼みなシーンが多すぎなんだわ全体的に。
性的虐待とか一家惨殺とか、スクールカーストみたいなこととか現代の闇みたいなのふんだんに入れりゃいいみたいな安易さを感じる。

そもそも妻夫木が何で妹の満島に手を出してたの?
何からその異常性を学んだの?両親はマトモだったのに彼だけが急におかしい人間性だったの?そんなわけなかろうが。父からの虐待、母からの性的虐待、そういう背景があったんではないの?みたいな疑問が頭をもたげて本編に沿って楽しめない。
筋が通らねー

ke_yo
ke_yoさん / 2017年9月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

モヤモヤ感がのこる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ちょっとモヤモヤ感がのこるが考えれば考えるほど気持ち悪くなる話です
兄は妹のした事を全部知っていて、田向一家殺人事件を調べたのかも知れないとかやはり小説読んだ方が楽しめるのかな?でもこういう作品は嫌いでは無いです

おさみん
おさみんさん / 2017年9月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

しょうもない録!!

新鋭監督で小説の映画化というのは貴重ですが、話自体は不快を詰め込んだもので、演出がリアル調なので抵抗する者や善い部分がないというのはかえってバランスが悪く感じつまらなかったです。同じ原作者の「慟哭」は読んだ事があるので、結末ありき&人間の描写が一辺倒で面白くはないんだろうなと推測していましたが、様々な人の黒い部分が重なって殺人事件になったというプロットは一応知的な作りでした。小出恵介容疑者が女たらし役で出てくるので素の姿じゃないかと思う訳で、ネタ映画になる以前に商品価値が下がっています。直接的ではなく雰囲気がエロいのは「悪の法則」みたいで好みですが、題材は実在の慶大広告学研究会そのものなのでエロ描写はかなり抑えたのでしょう。仕方なく愚行を犯したという事は長い人生ではありますが、これは仕方ないというよりは全編しょうもない奴のオンパレードでした。

アンジェロ
アンジェロさん / 2017年9月17日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 知的 寝られる
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

161件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi