ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years
ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years
34%
53%
12%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ポール・マッカートニーやリンゴ・スターという存命のメンバーや、ヨーコ・オノ・レノン、ジョージ・ハリスンの未亡人オリビア・ハリスンら関係者の全面協力のもと製作された「ザ・ビートルズ」の公式ドキュメンタリー映画。監督をロン・ハワードが務めた。初期のリバプール時代から、1963年に始まった15カ国90都市166公演におよぶツアー、そして観客の前での最後の演奏となった66年のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パーク公演までのライブ映像を中心に、関係者などのインタビューを織り交ぜながら、ビートルズの曲の変遷、半世紀以上も愛され続ける彼らの人気の理由を探る。日本公開版は、66年の来日時のエピソードが長めに収めらた特別版となっており、日本武道館でのライブシーンや、来日時のビートルズの撮影を担当したカメラマン・浅井慎平のインタビューも盛り込まれている。

2016年製作/140分/G/イギリス
原題:The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)Apple Corps Limited. All Rights Reserved. (C)Bob Bonis Archive

映画レビュー

4.0拝啓、ジョンレノン

2020年11月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

幸せ

表題は 真心ブラザーズの名曲

実は、その曲からThe Beatlesへうつった口

よく ロックはなんやかんやでThe Beatlesに戻ると言われてるが
現代音楽のルーツたる由縁が散りばめられている

昭和、平成、令和と語り継がれる映像と音楽であることは間違いない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よくふとる良太

4.0激動の4年間をわかりやすく教えてくれる、ビートルズ初心者にもおすすめの一作!

2020年6月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

興奮

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 9 件)
たなかなかなか

5.060年代は激動の時代

kossyさん
2020年5月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ビートルズがやってくるヤァヤァヤァ・・・なんてタイトル、ダサいとは誰も思わなかった。73年ごろだったかに、近くにあった映画館のリバイバルでやっていたビートルズの『ハード・デイズ・ナイト』、『ヘルプ』、『レット・イット・ビー』の3本立て。2、3回観に行ったのですが、なぜだかこの時の感動が今でも残っています。若干遅れたビートルズファン、解散してからのビートルズファンです。

 去年は『イエスタデイ』も良かったし、ビートルズ関連のドキュメンタリーも彼らをモチーフにした作品もハズレがない(贔屓目)。ただし、ジョン・レノン単独で扱ってる映画はそれほど面白くなかったりする。数10年経っても新たな事実がどこかにあるし、思い入れの個性も感じられるのです。今年はピーター・ジャクソン監督による『Get Back: The Beatles』も公開されるようだし、こちらも楽しみ。

 映画館で観れなかったのですが、TVであってもライブ活動を中心にした貴重な映像やシガニー・ウィーバー、ウーピー・ゴールドバーグのインタビューも楽しめました。メンバーの苦悩みたいな部分も見られるのでお得です。

 時代としてとらえると、アメリカでの出来事が中心になっていますが、ベトナム戦争、JFK暗殺、公民権運動といった流れも絡んでくるし、なにしろビートルズのメンバーが反レイシストであることが嬉しい。だからプーピーのエピソードも非常に重要。ちょっと泣けます。

 「ビートルズはキリストよりも有名」。この言葉がもたらした世界の動向は凄まじかったのですね。いや、ファンなら単純に喜んでしまいますが・・・イスラム圏での反応も知りたかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy

4.0すばらしかった

2020年4月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
古泉智浩
すべての映画レビューを見る(全75件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」以外にこんな作品をCheck-inしています。