ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリーのレビュー・感想・評価

ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー

劇場公開日 2016年12月16日
592件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

名もなき人々の決死の戦い

フォースの力を持たない、名もなき人間たちの決死の戦いを描く点で、本編とは異なる要素を強く含んだ作品。エピソード4の前段にあたる戦いを描いており、本編の感動を一層強くするものになっているのもスピンオフとして見事。

こうした新しい要素のチャレンジをしながら、父と子の物語というスターウォーズシリーズの根幹をしっかりと抑えている。世界観を壊さず、本編を補強し、なおかつ単独の映画作品としても抜群に面白い。ギャレス・エドワーズ監督の仕事ぶりは見事。彼はゴジラのリブートも成功させているが、歴史あるシリーズものを料理するのが上手いのかもしれない。

キャストの中ではドニー・イェンが出色。シリーズ史上屈指の格好いいキャラではないか。当然アクションも素晴らしい。彼ぐらい立ち回れる役者が本編にも出てきてほしいと思う。

ローチ
ローチさん / 2017年12月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

一本の映画として卓越した強度と志しを持った傑作SF ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

スピンオフという位置付けでは勿体ない。一本の映画として、本流にも負けない強度と志しを持った作品だ。ここには我々がよく知る“スター・ウォーズ史”に名を刻んだ輝かしい偉人や英雄など誰もいないが、代わりに名もなき者たちの命がけの戦いがある。一般の観客から見れば知名度も抜群とは言い難い国際的俳優らを散りばめ、彼らが一つの使命を“たすき”で繋ぐ。まるで『七人の侍』たちが一人、また一人と散っていくような、映画史的には王道とも言えるプロットではあるものの、だからこそ我々は、たとえ膨大なSWの知識を持ち合わせていなくても、今この瞬間、彼らの表情、演技、戦いにグッと心を重ねることができるのだろう。クリス・ワイツとトニー・ギルロイという過去に大作シリーズで躓いた経験を持つ者たちが手がけた脚本にも負けられない意地と「この物語を伝えたい」という熱い思いが透けて見える。特に主人公らが見上げる空、「誰か受け取ってくれたかな?」というセリフが秀逸。その答えは歴史が、世界中が如実に証明している。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 16 件)

気になるひとはみんな観たらいい。

気になるひとはみんな観たらいいと思う。そうやってみんなでやいのやいの言うのが「スター・ウォーズ」のようなお祭りムービーのあり方ではないか。

個人的には、反乱軍は反乱軍なりに(任務のための殺人とか)えげつない工作活動をしてるのが見て取れる前半が、そりゃのっぴきならない事態なのだからそれもあるよなあ、「善のフォース対ダークサイド」みたいな単純な構造だけじゃないよなあと新鮮だった。

が、シリーズのファンと言えるほど強い思い入れがないせいで、ここはグッとくるんだろう、これはファンならたまらないんじゃないかと頭で考えても、全身がうち震えるような体験にはならなかったのが残念。

むしろツッコミを入れたくなる要素は多々あって、でもそれも含めて楽しんだし、ギャレス・エドワーズのSW愛は溢れんばかりに伝わってきた。熱狂するほどには自分にはフォースが宿っていなかったが、みなさんにはフォースが共にありますように。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年12月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 10 件)

芳醇なハリウッド映画の新たなるレガシー。

かつて見た、遙か宇宙の彼方で繰り広げられる独裁軍VS反乱軍の戦争へと回帰させる新たなストーリーは、「エピソード4」に繫がる父と娘の固い絆と、自由で平等な宇宙、すなわちこの大地を目指す青年兵士たちのイノセントな情熱を土台に、全世代を取り込んで「スター・ウォーズ」の原点へタイムワープするかのよう。「S.W」の原点とは、つまり、登場するキャラクターが生身の人間として息づき、漆黒の宇宙をバックに展開するスペースウォーズのダイナミズムが画面を埋め尽くすことを意味する。そんな実は決して簡単ではない難業を、本シリーズ開始直前に生まれたギャレス・エドワーズが成し遂げたことに感心する。今からでも遅くない。シリーズ屈指の名編と称えられる「帝国の逆襲」に痺れた旧世代、連打される昨今のイベントムービーに早くも食傷気味の新世代共に、ハリウッド映画のレガシーがいかに芳醇であるかを、その目で再確認して欲しい。

MP
MPさん / 2016年12月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

SW EP4~6の濃厚圧縮版 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

SW EP4~6の濃厚圧縮版というべき内容。(タイムラインはSW EP3.5の位置。)
ぼくはSW EP4~6のファンなので今作は大満足!

ぼくが好きなシーンはチアルートが、
「我はフォースと共に在り
 フォースは我と共に在り」
の念仏を唱えながらマスター・スイッチを捨て身で引きに行くシーン。

念仏を唱えることで何事も怖れない不動の精神状態になっていることが判ります。(死も怖れない。)

不満だった点は人が死ぬときに、
・血しぶきが吹き出ない
・手、足、頭が吹き飛ばない
・火傷(やけど)などのグロテスクな表現がない
・・・
といった所。(R指定対策でしょう。)

ラスト、
顔がコンピュータ・グラフィックスのレイア姫が出て来たり、。
と最後までSWファンへのサービス精神が行き届いてる。

ぼくもこのシーンは、
「ニヤリ(微笑)」
となりました。

不死鳥
不死鳥さん / 2018年5月11日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

好きとは言えないけれど

見応えはあるし、意欲的な作品だと思います。
映像が素晴らしく綺麗で「このショットを見せたいんだ!さあ見てくれ!」という意気を感じました。影の使い方にこだわりがあって……うーん、綺麗です。艦隊戦がかっこよかった。
ターキンさんとレイア姫は、CG感はあれど、よく出来ていたかと。
序盤に出てくる3人の名前が覚えにくいのは個人的にマイナス。
ジン・アーソ、ゲイレン・アーソ、ソウ・ゲレラ。みんなソがつく。やめて!

なんだか好きじゃないのはあれです。ほ〜ら感動しろ感動しろと言わんばかりの畳み掛け方です。
あの悲壮な使命感についていけませんでした。
(これはたぶん観る人に問題がある)

クレニックさんが哀愁漂ってて忘れ難かったなぁ…

どうでもいいことなのだけど、リゾート地みたいな場所に帝国軍の基地って、凄くミスマッチで落ちつかない気持ちになりますね!

久万
久万さん / 2018年4月30日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった! スターウォーズの中で一番すきかも! 出てくるキャラ皆す...

よかった!
スターウォーズの中で一番すきかも!
出てくるキャラ皆すき!
特に盲目の人

みー
みーさん / 2018年4月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よくできたファンムービー

もちろん終盤にかけて盛り上がるが序盤はグダグダしてたなあという感じ。

画像がやたらと暗く戦闘シーンもありきたりなのでここで眠たくなる人も多いのでは。

後でハリウッド版ゴジラを撮った人だと知り納得した。

あのゴジラも確かにこんな感じだったな。

ファン必見のXウィングといったメカはたくさん登場するので、旧3部作信者には観ることをお勧めしたい。

逆に新3部作「EP1〜3」から見始めこの3部作に強い思い入れがある人にはあまりお勧めしない。

そもそもあまりメカに興味が湧かないだろうし、華やかな世界観を売りにしていた新3部作とは異なり今作は泥臭い雰囲気だ。

あと個人的には今作の泣け泣けオーラが好みではなかった。

そもそも泣けなかったし、登場人物の深掘りができてないので死んでも何も悲しくない。

ソウゲリラは不要な人物だったし、焦点を当てられないパッと出のキャラも多かった。

総評としてEP4に繋がる世界観は好きだったが、ダースベイダーの無双やCGレイアなどが見たい人以外の、いわばスターウォーズのライトファンにとってはイマイチな作品ではないだろうか。

百姓太郎
百姓太郎さん / 2018年4月26日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 興奮 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジェダイはいらない

スターウオーズにジェダイは必要不可欠な要素ではない、という改めての実感。

七人の侍モチーフとか、浪人の風来坊モチーフとか、そういう世界観のほうがスターウオーズには合ってると実感。

超能力を使わない人間の世界観、被り物をしない人間の世界観のスターウオーズをどんどん拡げていってほしい。

osan
osanさん / 2018年4月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これぞスターウォーズ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ありがとう。

監督のスターウォーズ愛が伝わりました。
映画館3回行きました。

言うことなしです。

ぽんぽこくん
ぽんぽこくんさん / 2018年4月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スターウォーズファンの

ための映画だね。
エピソード4のあらすじの内容が映画になってて。
このテンポの良さはスターウォーズならではって感じ。
自我の強いK2が人間らしくてよかった。

てん
てんさん / 2018年4月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スター・ウォーズっぽさは若干あった。

まずまず面白かった。
スター・ウォーズファンとしてはダース・ベイダーとレイアの登場はワクワクした。
残念なのは音楽が違ったので違和感があった。スピンオフなのでしかたないのかもしれないが・・・。

トラ吉
トラ吉さん / 2018年3月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予想を裏切る

想定内なストーリーかと思わせながらも、そうなるのかと揺さぶられる。STARWARSにはこういうストーリーがあって成り立っているのだと思わせる流れだった。

noahblue
noahblueさん / 2018年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「選ばれし者」じゃない人達のスターウォーズ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

エピソード7よりも好きな作品です。登場人物は全て捨て石。だけどみんなが紡いで繋げてく。登場人物のバックエピソードが雑だったけどクライマックスは良い!!
スターウォーズシリーズの中で好きな方に入ります。それは「選ばれし者」じゃない人達のスターウォーズだから。ラスト、盾になるドロイドがカッコよかった!

ヒロ
ヒロさん / 2018年2月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしい

スターウォーズシリーズ詳しくないし、見てもそこまで乗れたことなかったけど、はじめてよかった。

みんなそれぞれかっこよくて、感情移入しやすい!

sooo3
sooo3さん / 2018年1月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

間違いなくスターウォーズ! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

意外にも面白かった!
スピンオフなのでそんなに期待してなかったけど、面白かった!
最初の細かい件は地味なので忘れてしまったが、後半の戦いのシーンは最高!
また、ローグワンが成り立つまでの成り行きで共に動くことになった人たちが次第に結束していくみたいな展開、大好きです!
また、主演を取り巻くサブキャラたちがこれまたよく、盲目の達人や重火器、ドロイドのキャラが個人的には良かった
STAR WARSファン的には「フォースと共に」「イヤな予感」などのお決まりセリフやC3,R2、レイアなどの登場も嬉しいサプライズ
何より全てを持っていくベイダーの悪のカリスマぶり!(特に最後!)

実際、設計図が届くのは分かってるわけですよ
(ローグワン部隊がどうなるのかは分からないわけだけど)
そこまでのハラハラをどうするのかがこの作品の魅力であり、良かった点でもある。
やっぱり後半の設計図取りに本拠地行ってからの戦闘シーンは個人的にはとっても満足!

いいSTAR WARS映画でした!

テツ
テツさん / 2018年1月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ダーズヴェイダーがかっこいい

最後のヴェイダー卿がフォースチョークで反乱軍の首をしめたり壁にたたきつけるところすっごくかっこよくて感動しました。
最高です。

ひな☆(σωσ)☆すぱぁくる
ひな☆(σωσ)☆すぱぁくるさん / 2018年1月19日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

英雄じゃない奴らだって頑張ってるんだ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

事前情報は完全に0で観た。まさかエピソード4の直前の話で、4観てたら最後どうなるかわかるものとも知らずの初見直後はええぇ?と思ったが、4直前と覚悟しての2度目はもう、ずっと胸アツ…。滂沱。

ヒーローじゃないくせに、モブのくせに全員かっこいい。英雄じゃない奴らがいないと英雄は勝てない。英雄じゃない奴らも信念があって、己の人生がある。
これ以上ないサイドエピソードではないでしょうか。ルークやオビワンよりもローグワンの奴らの方が親近感がわいてくる。みんなみんな生きているんだ。

ラストの帝国軍が乗り込んでくるあたりの演出が堪らなく良かった。

伸びる赤い光の線。ライトセイバーに照らされて浮かびあがるベイダー卿。を見た瞬間、
あ、ダメだ、終わった。死んだ。

という、絶望感。一瞬で思い知らされる圧倒的な力量差。命張ったところで、あんなに頑張ってやっと手に入れた戦果も瞬時に失いそうな絶望感、無力感が…!焦りが!

これほどスクリーンの中の人間の気持ちになって、ともかく何でもいいから逃げ出したい気分に、ハラハラして焦って落ち着かない気持ちになったのは、初めての感覚だった。

これが不朽のヴィランの力か!ベイダー卿超怖い!やべぇ!対峙してるやつらはやっぱり英雄なんだ。

socosocoウォッチャー
socosocoウォッチャーさん / 2018年1月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

戦いに挑む

反乱軍が果敢に相手に立ち向かっていく姿、戦いに挑む姿がカッコよくてしびれました。最後のシーンは特に悲しくもあり、かっこよかった。

まさすた
まさすたさん / 2018年1月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わかりやすい

SW全部見てはいるけど、イマイチわかっていない私にも十分OKな内容でした。

新ドロイドK-2SOが、身を挺してジンを守る姿(R2-D2だったら逃げていそう)や。ドニー・チェンのアクションもめっちゃかっこよかったです。

fukui42
fukui42さん / 2018年1月10日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

592件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi