レジェンド 狂気の美学
ホーム > 作品情報 > 映画「レジェンド 狂気の美学」
メニュー

レジェンド 狂気の美学

劇場公開日

解説

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディが1人2役で双子のギャングを演じたクライムサスペンス。「ザ・クレイズ 冷血の絆」(1991)などでもその人生が映画化されてきた、実在の双子のギャング、クレイ兄弟の栄光と破滅を描いた。1960年代初頭のロンドン。貧しい家庭で生まれ育ったレジーとロニーのクレイ兄弟は、手段を選ばないやり方で裏社会をのしあがり、アメリカのマフィアとの結託や有力者たちとの交流を深めることでイギリス社会に絶大な影響力を及ぼしていく。そんな中、部下の妹フランシスと結婚したレジーは彼女のために足を洗うことを決意し、ナイトクラブの経営に力を注ぐようになるが……。レジーの妻フランシス役を「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」のエミリー・ブラウニング、ゲイであるロニーの恋人役を「キングスマン」のタロン・エガートンがそれぞれ演じた。「L.A.コンフィデンシャル」「ミスティック・リバー」などの名脚本家ブライアン・ヘルゲランドが監督・脚本を手がけた。

作品データ

原題 Legend
製作年 2015年
製作国 イギリス・フランス合作
配給 アルバトロス・フィルム
上映時間 131分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

トム・ハーディ増殖。かつてない挑戦が、怪優の眠れる魅力を余すところなく解き放つ
レジェンド 狂気の美学の映画評論・批評

つくづく底知れぬ俳優だ。プロレスラーのような肉体、相手が震え上がるほどの眼力、尋常ではない狂気。かと思えばイカツイ風体の中に、とびきり純情でコミカルな一面さえ覗かせたりもする。そんな得体の知れなさこそトム・ハーディのたまらない魅力。た...レジェンド 狂気の美学の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全59件)
  • 古き良き(?)ギャングスタ ギャングとしてしか生きられなかった双子の悲哀を描いた物語。 パッと見では、精神に問題を抱えた弟・ロンに振り回される、 切れ者の兄・レジーって構図。 まぁ実際トラブル起こすのはロンなんだけど。 そ... ...続きを読む

    mar marさん  2019年5月20日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • なんか惹かれる 悪に惹かれるのは仁義かね ポリシーかね ...続きを読む

    JK JKさん  2019年5月19日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • トム・ハーディは天才かよ〜〜 とっても面白かった✨ 昔のギャング系... トム・ハーディは天才かよ〜〜 とっても面白かった✨ 昔のギャング系の話は私的に刺さらないことが多く 期待してなかったし、題名に副題みたいなのついてるのってダサいし面白くないイメージがあったけど ... ...続きを読む

    こな こなさん  2019年5月18日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「レジェンド 狂気の美学」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報