レジェンド 狂気の美学

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
レジェンド 狂気の美学
11%
50%
34%
5%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディが1人2役で双子のギャングを演じたクライムサスペンス。「ザ・クレイズ 冷血の絆」(1991)などでもその人生が映画化されてきた、実在の双子のギャング、クレイ兄弟の栄光と破滅を描いた。1960年代初頭のロンドン。貧しい家庭で生まれ育ったレジーとロニーのクレイ兄弟は、手段を選ばないやり方で裏社会をのしあがり、アメリカのマフィアとの結託や有力者たちとの交流を深めることでイギリス社会に絶大な影響力を及ぼしていく。そんな中、部下の妹フランシスと結婚したレジーは彼女のために足を洗うことを決意し、ナイトクラブの経営に力を注ぐようになるが……。レジーの妻フランシス役を「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」のエミリー・ブラウニング、ゲイであるロニーの恋人役を「キングスマン」のタロン・エガートンがそれぞれ演じた。「L.A.コンフィデンシャル」「ミスティック・リバー」などの名脚本家ブライアン・ヘルゲランドが監督・脚本を手がけた。

2015年製作/131分/R15+/イギリス・フランス合作
原題:Legend
配給:アルバトロス・フィルム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19

(C)2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.0双子は、別人のようだった

ケイトさん
2019年10月23日
Androidアプリから投稿

泣ける

悲しい

怖い

一人二役、演技的には素晴らしいけど内容は共感できなかった。そんなギャングもいたんだね。美学でも何でもない。
マーリンのコリン・モーガン、
キングスメンのタロン・エガートが、ちょい役に!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ケイト

3.5トム・ハーディが1人2役で双子のギャングを演じたクライムサスペンス...

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

トム・ハーディが1人2役で双子のギャングを演じたクライムサスペンス。「ザ・クレイズ 冷血の絆」(1991)などでもその人生が映画化されてきた、実在の双子のギャング、クレイ兄弟の栄光と破滅を描いた。1960年代初頭のロンドン。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

3.5古き良き(?)ギャングスタ

marさん
2019年5月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

単純

ギャングとしてしか生きられなかった双子の悲哀を描いた物語。
パッと見では、精神に問題を抱えた弟・ロンに振り回される、
切れ者の兄・レジーって構図。
まぁ実際トラブル起こすのはロンなんだけど。
そんで、あれやこれやの経緯があってのラスト近く
「お前のことは殺せないからだよ」ってセリフが超印象的。
それは兄弟だからってのも当然あるけど、
レジーにとってのロンは「片割れ」として必要な存在だと。
これぞ腐れ縁って感じである意味で微笑ましかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mar

3.0なんか惹かれる

JKさん
2019年5月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悪に惹かれるのは仁義かね
ポリシーかね

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JK
すべての映画レビューを見る(全61件)

他のユーザーは「レジェンド 狂気の美学」以外にこんな作品をCheck-inしています。