イエスタデイ(2014)

劇場公開日

イエスタデイ(2014)
14%
38%
38%
4%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1960年代の北欧ノルウェーを舞台に、ビートルズに憧れてバンドを結成した少年たちの友情と恋を描いた青春ドラマ。ノルウェーの国民的作家ラーシュ・ソービエ・クリステンセンが84年に発表したベストセラー小説「Beatles」を、「ノーベル殺人事件」のペーテル・フリント監督が映画化した。60年代半ばのオスロ。ビートルズのレコードに衝撃を受けた高校生キム、セブ、グンナー、オーラの仲良し4人組は、「スネイファス」というバンドを結成し、ライブ出演を目指して練習を重ねていた。ある日、キムは映画館で出会った見知らぬ女の子に突然キスをされる。キムはその女の子が誰なのかわからないまま彼女への思いを募らせ、渡すあてのないラブレターを書くように。そんな折、学校でヘビに襲われそうになった転校生の美少女を助けたことで、別の恋も芽生えはじめる。80年代に一世を風靡したポップグループ「a-ha」のマグネ・フルホルメンが音楽を担当。「トーキョーノーザンライツフェスティバル2016」(16年2月6~14日/ユーロスペース)で上映後、16年10月に劇場公開。

2014年製作/114分/PG12/ノルウェー
原題:Beatles
配給:マクザム

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2014 Storm Rosenberg. All rights reserved. Exclusively licensed to TAMT Co., Ltd. for Japan Distributed by MAXAM INC.

映画レビュー

3.5青春の思い出。

Aprilさん
2020年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

4人の高校生の男子が大好きなビートルズの真似をして、バンドを結成。
好きな女子に振り向いて貰いたいけど、上手くいかない。
誰もがそんな時代もあったなぁ~~。と思える映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
April

4.0青春のイエスタデイ

2020年3月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ビートルズ世代のノルウェー高校生4人の、青春の光とちょっとだけ影を軽快に描く。
主人公はビートルズの大ファン、友達とバンドを作るがあまり上達しない。
映画館で「その男ゾルバ」を観ていたら、隣に座った女の子から手を握られる。
クラスの金持ち女子とひょんなことから仲良くなるが、振り回されてしまう。
かなり大らかなので楽しく見守ることに。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0間違えてみたけど、

すしさん
2020年3月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

エドシーランが出てくる方だとおもってずっとみていたが出てこなかった笑見終わって調べてみると二つ同じ題名のがあり取り違えていたみたいだった。

しかし内容的にはよかった
どこの国だかはわすれてしまったが
ビートルズが活躍していた時代に丁度青春時代が重なった少年たちがそれぞれの恋愛、家庭事情など抱えながらバンドを作っていく、挫折が多々あったが何かリアリティでいい、現実あんまり成功しない。

そして主人公の悩み
得意なことがないことで悩んでいたが自分自身にも何が共通するものがあって最後らへんの両親になだめられ、父親に膝枕されながらなでなでされているところは何かぐっときた。

こんどは違う方のイエスタデイを見ようと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
すし

3.5悩み多き高校生、バンドはうまくいくのか?

kossyさん
2020年1月12日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ビートルズの新発売のレコードにリアルタイムで感動している高校生たち。やっぱりコレだよな~などとワイワイ騒いでいたけど、グンナーの兄ちゃんもバンドをやりながらベトナム反戦運動に目覚めていく様子がサブストーリーとして存在する。

 生まれたときからポールに似てると言われていたキムはベースしかないと確信していたが、映画館で出会った少女ニーナに恋をしてしまう。別れ際のキスが忘れられず、本名も住まいもわからないままラブレターを書き続ける。これがそのまま歌詞にすれば立派な曲になるだろうになと、大人目線で見てしまう。

 それぞれ抱える悩みも違うが、転校生セシリアの出現によってキムは新たに恋をする。絡んだヘビを離してあげたことでセシリアもまんざらではないのだが、付き合い方もぎこちないキム。彼女は金持ちのお嬢様なのだが、父親に会うと、外国語でパーティで演奏しなさいなどとチャンスをくれる。しかし、借りたアンプが故障して、パーティはしっちゃかめっちゃか。他の3人のメンバーもそれぞれ悩みを解消したように開き直り、あるライブハウスに出演することも決まるのだが・・・

 60年代のアメリカ青春映画にも似ていて、骸骨の標本ダンスなんてのは既視感いっぱい。音楽や恋よりもタバコや酒に溺れるんじゃないかと心配もさせるけど、自分の信じた道を進むことに明るさと誠実さが現れていた。音楽もビートルズだけじゃない!ブルースで曲を作るんだという現実も潔かった。終盤にはベトナム反戦デモも描かれていて、当時の世相と音楽・恋愛という青春そのものが自分の若き時代も想起させてくれて、どことなく懐かしい気分に浸れることができました。

 ビートルズの音源としては「シー・ラブズ・ユー」、「Sgt.ペパーズ」、「レット・イット・ビー」のみ。途中、「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」もカッコよく演奏するが、どことなく妄想みたいだった。でも、ビートルズとオセロのバンドメンバーがいなければ紡げなかった青春時代。しみじみと懐古的雰囲気に浸れる作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る