ボクの妻と結婚してください。

劇場公開日

ボクの妻と結婚してください。
24%
47%
21%
5%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

織田裕二の4年ぶりとなる映画主演作で、2014年に舞台化、15年にドラマ化もされた放送作家の樋口卓治による同名小説を映画化。数多くのレギュラーを抱え、忙しい毎日を送るバラエティ番組の放送作家・三村修治は、体に異変を感じて検査を受けるが、その結果は余命わずか6カ月の末期のすい臓がんという信じがたいものだった。放送作家として、世の中のさまざまなこと「楽しい」に変えて来た修治は、自分がいなくなったあとも、妻が前を向いて生きていけるようにと、ある企画を思いつく。それは、自分が死んだ後の妻の新たな結婚相手を探すことだった。織田が修治役を、吉田羊が妻・彩子役を演じる。監督は、数多くのドラマを手がけ、「阪急電車 片道15分の奇跡」で映画初メガホンを取った三宅喜重。

2016年製作/114分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2016「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会

映画レビュー

2.0大切な人を大切にするってどういうことかを考えさせられる

2022年5月5日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

単純

寝られる

「大きなお世話じゃ、私のことなんだと思っているのよ」と言いたいような、荒唐無稽な思い付き。
 バラエティTV関係者ならではの思い付き。笑えるならなんでも許されると思っているのかなあ(今のTVそのもの)。
  自分の気持ちしか考えない、妻の幸せを願っているようで、妻や息子、巻き込まれる人の気持ちは考えてない。
 笑顔を強要して、妻や息子が悲しむこと、一緒に悲しむことすら取り上げようとする。
 「嫌なことも楽しくしてしまう」ポジティブ志向と良いように聞こえるが、要は死への恐怖から目をそらしていられるように、なにかプロジェクトに没頭しているようにも見える。
 気持ちはわかるけどね、「余命数カ月」と突然付きつけられたのだからと思いたいが、元々自分の仕事ネタに家族を巻き込む「風船のような」夫。

と、設定自体は、TVのバラエティ企画のようなドタバタ、お祭りのような現実感のない浮かれたあぶくのような映画なのだけれど、そこに吉田さん演じる妻が入ることで、そこだけ現実味が帯びてくる。この奇想天外な話が現実化してくる。なんてすごい役者なんだ。それでいて、ちゃらい演出の織田さん、原田さんと絡んでも浮かない。
 反対に、空回り、勘違い男。すごいことをしていそうで、底の浅さが透け透け男を演じさせたら右に出る者がいない織田氏が、演じることで、このばかばかしい喜劇がファンタジーではなく、誰かが思いついた茶番として成立する。こちらもすごい。

どう生きるか、どう死ぬか。どう生きさせてどう死なせるか。
究極の難しい選択。
 夫の最期の願いを叶えて、笑顔で逝ってもらうという覚悟する。
 それに、風船のようなこの夫なら、この夫の提案に乗らなければ、妻である自分から離れてどこに飛んで行ってしまうかわからない。夫と最期の時を過ごす手段として、”条件”付きでこの提案にのるしかなかったのだろう。
 よく、がんばったよ。そう言葉をかけたくなる。

原作があったことも、NHKでドラマ化されていたことも知らないで鑑賞。
 予告でもすでに開示されているプロットは、韓国映画の『悲しみよりもっと悲しい物語』と一緒。『死ぬまでにしたい10のこと』でも”残される幼いこの子達為に母を探す”というエピソードが出てきた。
 三つの映画はシュチュエーションは似ているが、展開が違い、後味が全く違う。
 『死ぬまでに~』は、頼りにならない夫にあとを託せずに「幼い我が子たちに母を」と決めて物色するが、ちょうど都合のいいお隣さんが引っ越してきて、なんとなく主人公とお隣さんの思惑が一致して(近所のおばさんとして、子どもが身の周りのことを自分でできるようになるまでの数年)…と円満的な方向に話がいった(夫とどうなるかは描かれていない)。
 『悲しみより~』はカップルの話。自分の幸せを犠牲にして相手の幸せを願うという”泣き”を強調しているけど、相手ときちんとコミニュケーションをとらないで双方自己陶酔に酔い、巻き込んだ人を不幸にした顛末に憤りすら感じた。
 けれど、『ボクの妻と~』は夫婦をメインにしたことをうまく生かして夫婦の物語したところがうまい(子どもがあまりにものわかりの良い子なので心配だが)。
 勿論涙は誘うが、基本”笑顔”。原田氏の爽やかな笑顔、痛々しい笑顔…。いろいろな笑顔が登場する。
 そして何より、現実には夫婦って様々なことがあるし、この映画の夫婦関係もつっこみどころ満載だけれど、それでも「夫婦っていいかも」と映画館を出る時に思わせてくれた。

なのだが、
日が経つにつれて冒頭の想いがあふれ出てくる。
相手のことを大事にしているようで、傷つけている男。
大切な人を大切にするってどういうことなのか、考えさせられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

2.0入ってこないよ。。

トタ助さん
2022年5月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

寝られる

膵臓がんで余命宣告された男が、自分の妻と結婚してくれる人を探す。。。
妻の事、子供の事をもっと本気で真剣に考えてくれよ〜と胸にモヤモヤを抱えながら見た。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
トタ助

4.5号泣

2022年2月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

毎日何本も映画を観ています。
なかなか邦画で泣けると言われるものを拝観しても、特に心揺さぶられず泣過去とはなかったので姿、これは大号泣。自分を疑うほど。これは織田裕二さんの演技力でしょうか。完全に持ってかれました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jewelry168

5.0ただただ泪、素敵な家族愛

2021年8月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

主人公の最後の大花火を寛容に受け止めてくれた、奥さんと相手の男性が非常に素敵だった。あり得ない話であったが、ホッコリする場面もあったし、後半のほとんどは泪しか出てこない。演者全員、とても良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
優翔太郎
すべての映画レビューを見る(全125件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る