劇場版 響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ

劇場公開日

38%
43%
14%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

京都アニメーション制作で2015年4~6月に放送されたテレビアニメ「響け!ユーフォニアム」全13話を再編集した劇場版。原作は、吹奏楽に打ち込む高校生たちの青春を描いた武田綾乃による小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ」。中学時代に吹奏楽部でユーフォニアムを吹いていた黄前久美子は、京都府立北宇治高校に入学。かつては強豪とうたわれた北宇治高校の吹奏楽部も、いまは落ちぶれ、演奏はお世辞にもうまいとは言えない。クラスメイトの加藤葉月、川島緑輝に誘われて吹奏楽部の見学に行った久美子は、そこで中学時代の同級生・高坂麗奈の姿を見かける。葉月と緑輝は吹奏楽部への入部に興味を示すが、吹奏楽を続けることに今一歩踏み出せずにいる久美子には、麗奈とともに出場した中学時代のコンクールに苦い思い出があった。

2016年製作/103分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
武田綾乃
脚本
花田十輝
製作
八田陽子
古川陽子
井上俊次
鶴岡陽太
企画プロデューサー
八田英明
プロデューサー
大橋永晴
中村伸一
斎藤滋
アシスタントプロデューサー
瀬波里梨
鎗水善史
キャラクターデザイン
池田晶子
総作画監督
池田晶子
シリーズ演出
山田尚子
絵コンテ・演出
石原立也
山田尚子
三好一郎
北之原孝將
武本康弘
小川太一
藤田春香
雪村愛
河浪栄作
山村卓也
楽器設定
高橋博行
楽器作監
高橋博行
作画監督
池田晶子
西屋太志
植野千世子
秋竹斉一
丸木宣明
瀬崎利恵
池田和美
引山佳代
作画監督補佐
岡村公平
門脇未来
明見裕子
色彩設計
竹田明代
特殊効果
三浦理奈
美術監督
篠原睦雄
3D美術
鵜ノ口穣二
撮影監督
高尾一也
音響監督
鶴岡陽太
録音
名倉靖
音楽プロデューサー
斎藤滋
音楽
松田彬人
主題歌
TRUE
編集
重村健吾
音楽制作
ランティス
音楽制作協力
洗足学園音楽大学
演奏協力
フレッシュマン・ウィンド・アンサンブル
音楽監修
大和田雅洋
制作協力
アニメーションDo
アニメーション制作
京都アニメーション
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)武田綾乃・宝島社/「響け!」製作委員会

映画レビュー

1.0同調圧力

z potzさん
2022年4月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い。
ブラック部活で夏休みは実動12時間土日休みなし。
洗脳された高校生は強迫観念で部活外でもいつでも練習。三年生もいつまでも抜けられない。二軍の上級生も進んで腐らずサポート。突然の部活至上主義にも常識人の三年生しかやめない異常さ。
公立高校なのに。はやく顧問が異動にならないといつか問題になるだろう。
架空の絵空事だから許されるのだろうが、素人に毛程度の学校がスカウトで集めたわけでもない部活が半年で全国水準になるのは嗤えた。

同じ京都が舞台の、素人から全国にはばたいた伏見工業ラグビー部は五年計画で人集めして成し遂げた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
z potz

5.0高校吹奏楽部が舞台のヒューマンドラマです。胸が熱くなります。

2020年5月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
もりのいぶき

5.0アニメ版

Yuiさん
2020年1月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

劇場版は演奏シーンがほぼノーカットなので、個人的に嬉しい。
ただ、作品としてアニメ版のカットされてるシーンがあるので、内容としては少し物足りなさはあります。
でも、好き

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yui

5.0追悼

きりんさん
2019年9月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

劇場版からテレビシリーズまで、レンタルで全巻を観終わったところです。

僕自身が中学校でチューバを、高校ではホルンを吹いていたので、胸を熱くして画面と音に没入しました。

演奏する生徒の動き、楽器を構える時のかすかな音、初めて音合わせをしたハズキの感動・・
脚本、録音、演出、構成とこのアニメーションの作りの全てが
僕をあの頃に帰してくれました。

だからこそ
この度の放火が残念で悔しくてなりません。
吹部の仲間も京アニの皆さんもみんな失なわれてしまった。
一体なんという事をしてくれたのでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きりん
すべての映画レビューを見る(全30件)