走れ、絶望に追いつかれない速さで

劇場公開日

17%
39%
25%
6%
13%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「愛の小さな歴史」に続き、今作で2年連続の東京国際映画祭出品となった中川龍太郎監督の自伝的作品。漣と青春時代を共有した親友の薫が死に、薫が描き遺した絵には中学時代の同級生「斉木環奈」の姿があった。親友の死を受け入れられない漣は、薫にとって大切な存在であり続けた環奈に薫の死を知らせるため、彼女の元へ向かう決意をする。主人公・漣役に「ほとりの朔子」「桐島、部活やめるってよ」の太賀。中川監督の前作「愛の小さな歴史」から引き続いての出演となる小林竜樹、「ドライブイン蒲生」「愛を語れば変態ですか」の黒川芽以らが脇を固める。

2015年製作/83分/日本
配給:Tokyo New Cinema

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)「走れ、絶望に追いつかれない速さで」製作委員会

映画レビュー

3.5重そうなタイトルだったので覚悟して観た。 生命力に溢れた激しくもや...

oshidaさん
2021年9月1日
PCから投稿

重そうなタイトルだったので覚悟して観た。
生命力に溢れた激しくもやわらかい作品だった。絶望に追いつかれないように走って生きている人や、受け入れて過ごす人、たくさんいる。絶望とどう向き合ったって生きていたらいい。
作中何度か映し出される主人公の食事シーン。職場の先輩と食べる時は基本的に惰性で食べている感じがしたけど、すき焼きのシーンは色んな想いが溢れかえっていてすごく人間味があった。
監督は生きることと親友が大好きなんだろうな、と思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
oshida

4.0おそらく友人の死が招いただろう主人公の心の閉塞感を、 Amazon...

tackさん
2020年11月20日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

おそらく友人の死が招いただろう主人公の心の閉塞感を、
AmazonPrimeあと3日で配信終了だったので、観ました。

大まかに言うと、親友の死に自分の心の閉塞感を原因を求めている主人公が、
彼の生前の足跡を辿りながら、やがて自分の心にもトンネルを見出すみたいな、
そんな感じのストーリーだったと思う。
監督の実体験が如実に作品に出ていると言う事だ。

個人的に印象に残ったのが、このタイトル通りのセリフより、
亡くなった親友の初恋の相手が発した

『自分の問題は自分で解決してもらっていいかな?』

という言葉が主人公を動かしたような気がする。
あのシーンから一気に主人公演じる太賀が、自らの足で歩み始めたような。。。
巧く書けないが。

全体として、大衆的なドラマチック映画ではないので、凄く抽象的で静かに過ぎていくが、
そこにある映像美や演出は秀逸。特に仲野太賀さんだからこそこういう葛藤が描けるのではないかと思った。

中川龍太郎監督、今まで3作品観たが、独特の視点でなかなか良い映画作る。
これからも期待。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tack

3.5ハチクロの海に向かう青春のシーン

2020年10月8日
iPhoneアプリから投稿

ロケーションとカメラが抜群にいいと思う。演出に、ん?てなることはあったけど、それでも映画の完成度は高いと思った。ご飯を食べながら泣くシーンはめちゃくちゃ上手い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
齋藤直紀

3.5太賀さんはやはりいいです!

sakuraさん
2018年12月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

都会の朝の静寂なビル群、朝焼けの赤紫色の空の日の出、ただ静かに波打つ海…
まるで写真集の1ページのような映像に言葉が出ませんでした。
その情景を巧みに入れることにより、作品の内容をさらに膨らませ、観ている人の心に刻みつける技法は中川監督らしいと思いました。

太賀さんは普通の一般男性役が抜群に上手な役者さんだと思います。肯定的な意味でこの人はコレという固定観念もなく、自分の色を作品ごとに作っていくというような感じがします。

おじいちゃんが黙って作ってくれたすき焼きを、泣きながら無我夢中で食べる太賀さんの演技には胸を打つものがあり、おじいちゃんの優しさがとても切なかったです。
この作品でまた、1つ太賀さんの魅力を見つけられました。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
sakura
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「走れ、絶望に追いつかれない速さで」以外にこんな作品をCheck-inしています。