世紀の光

劇場公開日

  • 予告編を見る
世紀の光
22%
40%
19%
13%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

タイ映画として初めてカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した「ブンミおじさんの森」で知られ、同作が日本での劇場初公開作となったアピチャッポン・ウィーラセタクン監督が2006年に発表した長編作品。ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品された。日本では劇場未公開のままだったが、15年、ウィーラセタクン監督作の新作「光りの墓」の劇場公開にあわせ、劇場公開が実現。地方の病院が舞台の前半と、都市の近代的な病院が舞台の後半の2つのパートに分かれ、ウィーラセタクン監督作でたびたびモチーフとなる「記憶」と「未来」を、前半と後半で医師と患者の会話や恋といったエピソードを反復することで描き出していく。

2006年製作/105分/タイ・フランス・オーストリア合作
原題:Sang sattawat
配給:ムヴィオラ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2006 Kick the Machine Films

映画レビュー

5.0人間の行動と記憶

2019年8月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

人智を超える世界の理のようなものがあるとして、それは人間には知覚できないのだろうけど、この映画にはその理の一端に触れているような気がする。緑に囲まれた病院で医者や患者たちの日常が描写される前半、それとほとんど同じ様な描写を今度は近代的な街の病院で展開する。なぜ、2つの病院で同じような光景が繰り返されているのかは描かれない。それはなぜか反復される。銅像や排気ダクトに吸い込まれる光景は、なぜかわからないが異様な強度に満ちている。前半の舞台となる病院を囲む緑は、アピチャッポンの映画ではお馴染みの森を想起させる。あの病院はなんだろう。後半の近代的な病院では、病院の一区画を取り壊しているのはなぜなのか。その区画を隔てるドアに向けてボールをぶつけ続ける患者はなんなのか、そうした不可思議なイメージについて考えているうちに、映画はエンディングを迎える。エンディングのあの踊りもまた不可解だ。
人間の行動は、ときに説明のつかないものがある。そんな説明のつかない何かに対して、この映画は触れている。確かに人間はこうだ、という何かに触れている。そんな気にさせられる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
杉本穂高

4.0湧き上がる想いを取り戻すには

たけPさん
2020年12月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

難しい

幸せ

不安の多い世の中で、
自らの想いを取り戻すにはどうしたら良いのかを教えてくれる。
人間関係を取り戻し、共通体験を経て、
人々の記憶を取り戻す。
そういう背景を元にして、
僕らは自分の内から湧き上がるものにつき動かされる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たけP

4.0記憶の物語・・らしい

yoneさん
2020年9月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

初めてタイ製作の映画を観た。
監督はアピチャッポン・ウィーラセタクン。当然初鑑賞。

田舎と都会で似たような2つの物語が繰り返される。
カラフルな田舎とモノトーンの都会。2つは重なっているようで微妙に異なる。
登場人物も最初は女医が主人公かと思ったけど、どうもそうではない。
主人公がいないので、物語らしい物語があるとは言えない。

何とも不思議な「夢」みたいな映画。

タイは仏教国。なので、作中でも「前世」という言葉が当たり前に出てくる。
おそらくタイでは日常的なことなのだろう。
そう考えると、前半と後半はどちらかが前世の話なのかもしれない。どちらが先か前後関係はわからないが。

前半が前世だったとして、後半のテニスやってた男は、ひょっとしたら前半の歯医者の弟なのかも・・前世は男だって言ってたし。考えすぎかな。。

しかし、映画の中での「間」の取り方が何とも独特。
日本やアメリカ・ヨーロッパなど、他の国の映画にはない尺。これがタイで流れる自然な時間なのかも。

物語がないわりに不思議と観賞後まで余韻が残る。
そして、それが心地良い。面白いな。
この監督さんの他の作品も観てみよう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yone

3.5終わり方が気持ちいい

SHさん
2016年1月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

幸せ

寝られる

微妙に分かりづらい笑いでなかなか素直に笑えない。ただ透明感溢れる映像がなかなか気持ちいい。ゆったりと流れる空間もまた心地よさを引き立てる。画面全体の印象としては純白と言ったところか。ただ、内容は純白なていうものとはほど遠いような気がする。さすがは仏教国タイといった内容だった。超常現象的な連なりと、現実なんだけどもどこか別世界のような世界観に不思議な魅力を覚える。なんといってもあの終わり方が最高。最後の最後、あの音楽を生かすがための選出だったのではと思えるくらいの気持ちよさであった。
あまりの気持ちよさで眠らないように!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「世紀の光」以外にこんな作品をCheck-inしています。