ザ・フューリー 烈火の戦場

0%
10%
70%
20%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第2次世界大戦末期のドイツを舞台に、ナチスドイツ軍と決死の戦いに挑むアメリカ軍戦車部隊の運命を描いた戦争アクション。「極寒激戦地アルデンヌ 西部戦線1944」「エアボーン・ソルジャーズ」に続くシリーズ第3作で、前2作のライアン・リトル監督が引き続きメガホンをとった。1945年、ドイツ・ハルツ山地。ヒトラーの死後、ソ連がベルリンを制圧し、大戦は終局を迎えようとしていた。そんな中、いまだに抵抗を続けるナチスドイツ軍への奇襲攻撃命令を受けてブラウンラーゲへと向かったアメリカ軍M18ヘルキャット戦車駆逐大隊は、ナチスドイツ軍III号戦車による猛攻を受ける。

2014年製作/95分/アメリカ
原題:Saints and Soldiers: The Void

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

2.5敵と味方同時に映る事が無いので、戦闘の迫力にかけ

マサシさん
2022年5月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

本物の戦車使って、結構リアルなアクションなのだけれど、敵と味方同時に映る事が無いので、戦闘の迫力にかける。CGをできるだけ使わないのが良いと思う。
戦車の下士官として、黒人兵士が存在する事は多分稀有なこと。しかも、白人黒人混合の部隊なんて存在していなかったのだから。しかし、この主人公の黒人の親が第一次世界大戦で活躍したとされているので、彼は特別に志願で参戦していたかもしれない。だから、特別視されているはずで、伍長如きに差別される様な事はなかったと思われる。また、中隊長以上(少尉以上)を殴るのは如何なる理由があっても、軍法会議ものだし、最前線では、配置換え位では済まされないと思う。即刻更に厳しい最前線行きになるはずだ。つまり、この話は偽善的フィクションだと思う。面白いけどね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサシ

4.0人種問題を絡めた対立が闘いを通じて解消される上手いストーリー展開の米国産戦車戦映画

Kazu Annさん
2022年5月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Kazu Ann

3.0まずまず。

oracionさん
2020年6月9日
Androidアプリから投稿

まずまず。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
oracion

3.0過去鑑賞

刺繍屋さん
2019年12月14日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
刺繍屋
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ザ・フューリー 烈火の戦場」以外にこんな作品をCheck-inしています。