フューリー

ALLTIME BEST

劇場公開日:

フューリー

解説

ブラッド・ピットの主演・製作総指揮で、第2次世界大戦下、たった一台の戦車で300人のドイツ軍部隊と渡り合った5人の兵士たちの姿を描いた戦争アクションドラマ。「エンド・オブ・ウォッチ」のデビッド・エアー監督が手がけ、共演にはシャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャら豪華俳優が集った。1945年4月、ドイツへ侵攻する連合軍の米兵ウォーダディーは、自ら「フューリー」と命名したシャーマンM4中戦車に乗り、戦いを続けていた。ウォーダディーと3人の仲間に新兵のノーマンも加わり、5人となった部隊は絆を深めていくが、進軍中にドイツ軍の攻撃を受け、他部隊がほぼ全滅。なんとか生き残ったウォーダディーの部隊にも、過酷なミッションが下される。

2014年製作/135分/G/アメリカ
原題:Fury
配給:KADOKAWA
劇場公開日:2014年11月28日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第38回 日本アカデミー賞(2015年)

ノミネート

外国作品賞  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0大変に残念な話である。白旗を挙げよ!ドイツ兵。そして、日本人。

2024年3月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 5件)
マサシ

3.5なぜタンクの下で

2024年3月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

見逃されたのか?SSの隊員が何故?ノーマンのように初めて戦場に出たわけでもないだろうに。
ただ、最後に車に乗せられたノーマンが外を見る顔ははじめに配属部隊を探していた時とは大いに変わっている。
数日の時の流れなのに。そこは見どころの一つかな

軍曹は、隊員の死に精神的にやられているシーンが初めに出てきて、隊員の前ではそれを見せなかった、
という描写があった。
この後新兵が補充されるが、こいつが独兵を見ても撃たないため、小隊長がやられてしまう。
その後も機銃を撃つことが出来ずにいる。パニックにもなっている。
戦車の乗員は5名なので、働かない兵がいては困るので、人殺しをさせたのだろう。
でも明らかな戦争犯罪行為。その後軍曹も参ったような表情だったが、戦犯である。このあたりはそのあと
死んじゃったからふれないのかな?

十字路を守る戦車が1台となりしかも走行不能なまま、敵SS部隊に対峙するのはあまりにも無謀。
米国合理主義はここでは登場しない。いかにも日本的な?使命感?
トラビスが言ってたように森に逃げてやり過ごすのがセオリーなのでは?

卵とタバコをあげても結局戦争犯罪の一つをまた犯している。
午後ロードの録画なので、カットの場面があるのだろうけど、日本軍の行為を非難する国がこの映画を見たら
なんと騒ぐのだろう。米国だから何も言わないのかな。

アクションは良いのだけれども。戦闘シーンも見どころの一つ。

午後ロード録画視聴にて

コメントする (0件)
共感した! 0件)
myzkk

1.0映画鑑賞する人成りによる

2024年3月4日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

戦争映画は我々一般人が一兵士として戦争に巻き込まれたらと考えて観てみたい、圧倒的な物量の連合軍とソ連軍に東西からドイツ国内に侵入をゆるした状況で、急がねばならないとするならば、それは米ソ指導部の戦後戦略と利権争い、それぞれの軍内部の出世争いだけのことで、もし兵士の損耗を最小限に、作戦の効果を最大限に発揮する優秀な野戦司令官、指揮官であるならば当然そんなことは理解して、なお、後続の補給部隊を待って前線の兵士の休息とローテイションをするでしょう、兵站の延びきった突出部を自ら生み出せば、いくら敗戦寸前のドイツ軍でも包囲殲滅される危険性があります、この映画に登場する、米独、双方の野戦司令官、指揮官は、それぞれの国家、戦争指導者のいいなりで、共に無能で、部下を無駄死させます、そう、召集された我々一般人兵士がです、悲しいかな戦争は、本質的に一方的に敵を包囲虐殺するのが目的です、この映画製作者が、国家、戦争指導者、軍の野戦司令官、指揮官の無能ぶりを描いて、実際に主要交戦国、勝敗に拘わらず全ての国に無能ぶりを発揮して兵士を無駄死にさせていることがあり、反戦を訴えているなら?制作意図は、そうではないだろうけど。ウクライナでも、クリントン政権が世界3位の核保有国だったウクライナから核分散を恐れて、プーチンロシアに核を?NATOはロシアの仮想敵国を止めず、旧ソ連衛星国に加盟国を増やしてプーチンの国防意識を刺激、ウクライナ侵攻を誘引、ロシア軍の侵攻作戦、政権転覆の失敗と多大な損害、ウクライナ防衛善戦と反転攻勢の失敗、ロシア、ウクライナ双方、対戦対人地雷、ドローンで命を、手足を失う兵士、正しいか否かではなく、悪い教本として。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
多様性男女平等自由主義、5名作4良作3いい作品なので他は2以下です。

4.0英雄 ・・・ではないんだ

2024年3月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 8件)
こころ
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る