残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋

劇場公開日

残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋

解説

小野不由美による第26回山本周五郎賞受賞の同名ホラー小説を「予告犯」「白ゆき姫殺人事件」の中村義洋監督により映画化。小説家の「私」に、読者である女子大生の久保さんから届いた一通の手紙。「住んでいる部屋で奇妙な音がする」とい書かれたその手紙に、好奇心から「私」と久保さんが調査を開始する。そこで明らかとなったのは、その部屋の過去の住人たちが転居先で自殺や無理心中、殺人などさまざまな事件を引き起こしたという事実だった。彼らは、なぜその部屋ではなく、さまざまな別の場所で不幸に遭ったのか。「私」たちは、ある真相にたどり着き、さらなる事件に巻き込まれることとなる。主人公の「私」役に竹内結子、久保さん役に橋本愛と人気女優が共演し、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一らが脇を固める。

2016年製作/107分/G/日本
配給:松竹

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

DVD・ブルーレイ特集

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2016「残穢 住んではいけない部屋」製作委員会

映画レビュー

3.5近年稀にみる怖いホラー

2021年1月5日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

公開当時、鑑賞後に思わず実家が立つ前はそこがどんな場所だったのか確認してしまった。近年は、切り口で勝負した、いわば「怖くないホラー」が量産されているように感じる。それは日本はもちろん、ハリウッドでも。だが、今作は正統派とでも言おうか、問答無用で怖いホラー作品。他界した竹内結子さん、今も活躍を続ける橋本愛は、「ホラー受けする顔」が出来るということも、特筆しておくべき点である。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
大塚史貴

4.5深みにハマっていく

さん
2022年7月30日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

知的

だんだん怖くっなっていくかんじです
考察に重点が置かれており、
ビビリな私でも最後まで鑑賞できましたが
本当のホラー好きには物足りないかも
点と点が線でつながっていくところが
観ていて引き込まれました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
南

3.0TVをつけたら放送していたのでそのまま鑑賞。久しぶりの日本ホラー独...

2022年3月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

TVをつけたら放送していたのでそのまま鑑賞。久しぶりの日本ホラー独特の怖さ。説明で進行する物語がよリアルに感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tsumu miki

3.0もう少し緊迫感があれば・・・

よしさん
2022年2月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
よし
すべての映画レビューを見る(全191件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」以外にこんな作品をCheck-inしています。