彼の見つめる先に

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
彼の見つめる先に
彼の見つめる先に
24%
56%
17%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ブラジル・サンパウロを舞台に、思春期の若者たちの揺れ動く感情をみずみずしく切り取った青春ドラマ。世界各地の映画祭で話題を呼んだ2010年の短編映画「今日はひとりで帰りたくない」を、監督のダニエル・ヒベイロ自身が同じキャストを起用して長編映画化した。目の見えない高校生のレオは、少し過保護な両親や優しい祖母、いつもそばにいてくれる幼なじみの女の子ジョバンナらに囲まれて平穏な生活を送っていた。ある日、彼のクラスにガブリエルという少年が転校してくる。レオとジョバンナは、レオの目が見えないことをからかったりしないガブリエルと自然に仲良くなっていく。ガブリエルと一緒に映画館に行ったり自転車に乗ったりと新しい世界を知るレオだったが、やがてそれぞれの気持ちに変化が生じはじめ……。2014年・第64回ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞とテディ賞を受賞。日本では「ブラジル映画祭2015」で上映、18年に劇場公開。

2014年製作/96分/PG12/ブラジル
原題:Hoje Eu Quero Voltar Sozinho
配給:デジタルSKIPステーション、アーク・フィルムズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0壁を取り払ったボーダレスな世界の可能性!

2018年3月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

笑える

幸せ

高校生のレオは目が見えないけれど、幼馴染みのジョバンナに先導されて毎日登校し、みんなと同じ教室に机を並べ、盲目の人のためのタイプライターに先生の授業を"メモ"し、体育の授業ではみんなと一緒にボールを蹴る。つまり、障害者は何ら区別されず、普通に学園生活を送っているのだ、ブラジルでは。そうすることで、早くから健常者と障害者が互いに寄り添い、助け合う術を見出していくのだろう、ブラジルの若者たちは。だから、レオが転校生のガブリエルに恋してしまうのも、至極自然に受け容れられてしまう。いや、ブラジルだからではなく、すべての国とコミュニティではそうあるべきではないかと、改めて思ってしまう。人と人との壁を取り払ったボーダレスな世界の可能性を実感させる、ブラジル発世界行きの青春ラブロマンスである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
清藤秀人

4.0本当の意味での普通

H1DE!さん
2021年2月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

知的

マイノリティ
でも普通に…

ジョヴァンナは少し重い

母親は少しキツめ

父親は理解者

ガブリエルだけが
普通に付き合ってくれる

レオの望んでいるのは
束縛じゃなく
自分を信じてくれてる事
普通に付き合ってくれる事

最後はあれだな
級友達からも
受け入れられたんじゃない?

やられました!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
H1DE!

4.5【”僕が、私が”君の目になるよ!。そして、世間の目など気にせずに、しっかり手を繋いで一歩前に歩き出そう!】

NOBUさん
2020年5月7日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

幸せ

 ■主な登場人物

 1.レオナルド  生まれつき全盲の少年。好奇心旺盛だが、”大切な事”には中々、気が付かない。
 2.ジョバンナ  レオ君の幼馴染。昔から、彼の目となって一緒に過ごして来た。
 3.ガブリエル  巻き毛の心優しき転校生。

 4.”魔女の”カリーナ 可愛い女の子だが、ボーイフレンド歴がなかなかのため、ジョバンナさん有難くない綽名を頂戴している。

 5.レオナルドの優しき両親と、おばあちゃん
   いつでも、レオを見守っている。
  (但し、レオへの接し方は夫々である。)

 6.ファビオたちヤンチャな少年
  (青春映画には欠かせないキャラですね。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ■劇中印象的な場面は数々あれど
  ・レオとジョバンナとレオナルドの関係性を、月食に例える2シーン。
  月と、太陽と、地球が一列に並ぶと、真ん中の星は一つしか星が見えない・・。
 -成程、上手いなあ。ー

  ・レオが交換留学を希望する場面
 ー自立したいよなあ、レオ。ー

  ・林間学校やカリーナ家のパーティシーンも良い。

<鑑賞後、爽やかな気持ちになれる、ブラジル発の青春映画。

 ”ベル&セバスチャン”の”Too Much Love"が爽やかに、劇中数度流れる。そして、エンドロールでも。
 作品の風合に合っていて、とても良い。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

2.5自立心と行動力

2020年2月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

幸せ

レオとジョヴァンナの距離感が無意識な程、危うい雰囲気の割に関係性はあくまで友達であり、二人の間で盛り上がる物語も無く。

ガブリエルとの関係性もあっさりとオープンに、全体的に清々しく観れる本作、それで良いのだけれど仄々と進む物語とハッピーエンドな終わり方にスルーされている事柄があるようで、消化不良!?

深刻で悲観的に描かない物語に好感は持てるが、盲目のレオの将来やガブリエルとの関係性など、これからが心配になってしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る