雨にゆれる女
ホーム > 作品情報 > 映画「雨にゆれる女」
メニュー

雨にゆれる女

劇場公開日

解説

ホウ・シャオシェン、ジャ・ジャンクーらアジア映画界の名匠たちの映画音楽を手がけてきた日本人音楽家・半野喜弘が監督を務め、「るろうに剣心」シリーズの青木崇高主演で描いたサスペンスドラマ。かつてある過ちを犯した則夫は、現在は飯田健次という別人に成り済まし、勤務先の工場と自宅を往復するだけの孤独な日々を送っていた。そんなある日、同僚の男が健次の自宅に女を連れて現れ、彼女を一晩だけ預かって欲しいと頼み込む。これまで他人との関わりを避けてきた健次は断るが、同僚のあまりのしつこさに渋々彼女を預かることに。女も健次と同じく秘密を抱え、自分のことを語ろうとはしない。ふたりはそれぞれの本当の姿を明かさないまま、次第にひかれあっていく。主人公の人生を狂わせていくヒロイン役に「天の茶助」の大野いと。

スタッフ

監督
脚本
半野喜弘
プロデューサー
松田広子
撮影監督
山田達也
録音
今村寿志
整音
今村寿志
フォーリー
今村寿志
美術
宮本茉莉
衣装
宮本茉莉
ヘア
有路涼子
メイク
有路涼子
編集
半野喜弘
音楽
半野喜弘
監督補
押田興将
制作担当
安田憲邦
助監督
玉澤恭平
宮瀬佐知子
成良恭平
スチール
籔下雷太

作品データ

製作年 2016年
製作国 日本
配給 ビターズ・エンド
上映時間 83分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全6件)
  • 大野いとの暗いオーラに引き込まれる 「愛と誠」は、全体にコミカルな演出が目立つミュージカル仕立ての娯楽作だったが、裏番長役の大野いとが放つネガティブなオーラは異彩を放っていた。暗い影をまとった昭和の薄幸な女、とでもいうべき希少種の... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2016年11月18日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • どこか惜しい作品 お互いに秘密を抱えながら惹かれ会う悲しい物語ですが、 出会い方が回りくどくわかりづらい。 後半の二人の感情の揺れが良かっただけに 事を決定付けるまでの流れが曖昧な気がして非常に惜しかった。 映像... ...続きを読む

    カタヤマ カタヤマさん  2017年12月17日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 初監督作にしては完成度は高いベタなメロドラマ 音楽畑出身の半野監督初作品。 まずは開始早々から初監督とは思えない映像センスの良さには驚きを感じました。 音楽は案の定言う事無しです。 自分の身の上をあまり語りがらない主人公役に青木崇高。 主人... ...続きを読む

    巫女雷男 巫女雷男さん  2017年7月15日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

沈黙 -サイレンス- 帝一の國 るろうに剣心 京都大火編 渇き。
沈黙 -サイレンス- (字幕版) 帝一の國 るろうに剣心 京都大火編 渇き。
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「雨にゆれる女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi