スリーピング・ボイス 沈黙の叫び

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
スリーピング・ボイス 沈黙の叫び
スリーピング・ボイス 沈黙の叫び
11%
78%
11%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1936~39年に起こったスペイン内戦の終結後、喪失感を痛みを抱えながらも立場を超えて共闘し、希望をつないだ女性たちの姿を描いたドラマ。スペイン内戦終結から2年。マドリードの刑務所では、共和国活動派の恋人や妻、母たちが次々と収監され、死刑が執行されていた。妊娠中に収監された姉オルテンシアを助けるため、南部のコルドバからやってきたペピータは、姉から山岳地帯でゲリラ活動を続ける義兄への連絡係を頼まれる。一方、刑務所内で出産したオルテンシアは、子どもを守るため、ひとりの女性看守にある願いを託す。

2011年製作/123分/スペイン
原題:La voz dormida
配給:Action Inc.

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0そ こに人々が生きていた。そして、血が流れた。

2020年5月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

スペインの内戦後、フランコの独裁政権下で何が起きたのかを、女性の目線で描いている。

拷問、不当逮捕、法的根拠のない死刑。
誰も信用できない社会で、信念を曲げずに抵抗する姉。
おびえながらも、姉のためにできることを必死にやり、生き抜く妹。
極限の状況に、もし自分が置かれていたなら、どんな生き方をしていたのか、と思わず考える。

混迷を極める勢力図。
各国は支援を見合わせ、ソ連(ロシア)だけが積極的に介入する。
いくつかの違いはあれ、現在のシリア内戦との類似性に驚かされる。
80年の時を経て繰り返される歴史を知るためにも、
この映画の価値は決して小さくないものだと感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マツドン

4.5まっすぐ生きる女性達

Momokoさん
2016年7月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

大きな瞳のペッピーノは最初はおずおずと、でもしっかりと自分で歩いていけるひとだ。

姉のオルテンシアは理論家で信念の人だ。
彼女は厳しい刑務所内で、仲間を励まし、読み書きを教え、子ども達のために抗議する。

ペッピーノはカトリックの信仰をもつ人としてえがかれていたが、彼女は自分の愛にまっすぐに生きた。

内戦の傷は社会の至る所にある。今もきっと苦しみの中に生きる人がいるのだろう。

スペインの深い闇、そして闇が深いほど希望の光は眩しい。暗くてつらい映画だけれど不思議に愛や希望の明るさを感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

4.0感動

素子さん
2015年5月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る