道しるべ

劇場公開日

  • 予告編を見る
道しるべ
0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

同じ名前の2人の男が偶然にも同じ時間と場所で待ち合わせしてしまったことから巻き起こる騒動を描いたコメディドラマ。振り込め詐欺の受け子をやっている男と、見習い介護士として働いている男。同じ名前を持つ2人は、それぞれの待ち合わせのため、全く同じ時間に同じ場所を訪れる。互いの迎えの車に入れ替わって乗り込んでしまった2人は、そのことに気づかないまま互いの仕事場へと運ばれていく。主演は「剱岳 点の記」の仁科貴と、お笑い芸人の金谷ヒデユキ。振り込め詐欺のターゲットになる老婦人役に、本作が42年ぶりの映画出演となるベテラン歌手・園まり。ドキュメンタリー映画「ムーランルージュの青春」で注目された田中じゅうこうがメガホンをとった。

2015年製作/97分/日本
配給:トラヴィス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2015 幻野プロダクション

映画レビュー

4.0爽やかなコメディー

kurahashiさん
2016年2月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

楽しい

シナリオ書きで御法度の偶然を逆手にとって、見事に笑いと涙と希望を映画にしたと思う。人生は、いつも綱渡り。就職も家庭も恋愛も。みんな細い危なっかしい綱の上を気づくと気づかないに関わらず歩いている。特にトシローのハマった悪の道は、真っ当な生活という岸辺と地獄の荒海との間に架かっている荒綱。たまに社会生活という岸辺にゆらゆらと近づくこともある。そんな時ほんのちょっとした勇気があれば、真っ当な道へひょいと飛び移れるのだ。そんな心の小さな勇気を教わった気がする映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kurahashi
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る