黄金のアデーレ 名画の帰還

劇場公開日

黄金のアデーレ 名画の帰還
27%
59%
12%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

グスタフ・クリムトが描いた世界的名画「黄金のアデーレ」をめぐって実際に起こった裁判と「黄金のアデーレ」に秘められた数奇な物語を、アカデミー賞女優ヘレン・ミレン主演で描いた。アメリカに住む82歳のマリア・アルトマンがオーストリア政府を相手に裁判を起こした。世界中を驚かせたその裁判は、クリムトが描いたマリアの叔母アデーレの肖像画「黄金のアデーレ」の返還要求だった。ナチス統治下のオーストリアで、ナチスによって奪われたその名画には、マリア自身と彼女を取り巻く人々のさまざまな記憶が詰まっていた。マリアとともに裁判を起こす駆け出し弁護士役にライアン・レイノルズ。ダニエル・ブリュール、ケイティ・ホームズが脇を固める。監督は「マリリン 7日間の恋」のサイモン・カーティス。

2015年製作/109分/G/アメリカ・イギリス合作
原題:Woman in Gold
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)THE WEINSTEIN COMPANY / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / ORIGIN PICTURES (WOMAN IN GOLD) LIMITED 2015

映画レビュー

3.0ナチスの略奪

kossyさん
2021年5月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 オーストリアの国宝とまで言われるクリムトの名画。モデルとなったのはマリア(ミレン)の伯母アデーレの肖像画だったのだ。金箔で彫金、沈金を施した芸術作品が彼女の手に戻るのだろうか?といった内容。

 就職したての弁護士ランディ・シェーンベルク(レイノルズ)は彼女の訴えを聞き、二人でウィーンへと飛び立つのだが、彼女はウィーンでの苦難の日々を思い出したくない一心で英語でしゃべることを貫き通す。ナチスに略奪された芸術作品は過去の反省のもと、返還訴訟事業を起こしていたのだが、国宝クラスの名画を返すことに役人たちはすべて否定的。諦めてアメリカへと戻った二人だったが、アメリカ国内でもオーストリア政府を相手に訴訟を起こすことが可能だとしったランディはすぐさま手続きを・・・

 実話であると同時に過去にナチスから逃げ回っていたマリアと夫の姿も映し出され、小ぶりの良作となっていた。裁判の過程なんてのも、最高裁まで到達したことでかなり大がかりだったと思われるが、その終盤のクライマックスがちょっとだけ大人し目。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
kossy

4.0黒白つけすぎかなあ?

2021年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

本筋は感動的で、迫害されアメリカに生き延びたオーストリアの名家の女性がナチスの強奪されたクリムトを取り返す物語。ヒトラー・ナチスの蛮行とユダヤ人への迫害の歴史を経て、オーストリアが引き継いで美術館に収めた名画。名画の経緯・歴史も丁寧に、昔の描写も生き生きと表現され、彼女と弁護士の熱意や苦悩も伝わってくる。文句なしの感動作品。
一つ残念なのは、オーストリアへの批判が鼻につく点。迫害された彼女は、フロントで「ドイツ語は話せるが使わない」と最初は拒絶するが、次第に水に流そうとするのに比較し、オーストリアは絶対拒絶と壁を崩さない、と。当時のオーストリアの公僕であれば自然な姿でありこれ自体は批判できないし、戦時下のナチスへの迎合も自分の命さえ危険になる状況下で追従せざる得なかった人々もいたはず。なのに、数名の協力者以外はみんな敵で悪者のようなトーンがなんともすっきりしない。
最終的に名画はアメリカに移ったのだが、中盤で彼女自身が言ったように、置いても良かったのかもしれない。それが彼女の本意だったのではなかったか? 頑なな母国の仕打ちに嫌気がさしたのかなあ?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bluetom2000

3.5戦後の傷跡はまだまだ多い

UNEmiさん
2020年11月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
UNEmi

4.0原田マハさんの小説につながる世界

akiraさん
2020年10月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

クリムトの名画にまつわるお話。戦争の悲惨さも伝えていて一つの絵を通して人の生き様、生き方を。主演二人の演技も秀逸、挿入されたクラシック音楽もいい感じです。マハさん小説にはまっている私としては絵画の世界への興味がますます沸き、本物の絵を観たいと思いました。アデーレ役の女優さんも綺麗。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
akira
すべての映画レビューを見る(全157件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「黄金のアデーレ 名画の帰還」以外にこんな作品をCheck-inしています。