チャイルド44 森に消えた子供たち
ホーム > 作品情報 > 映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」
メニュー

チャイルド44 森に消えた子供たち

劇場公開日

解説

2009年版「このミステリーがすごい!」海外編で1位を獲得したトム・ロブ・スミスのミステリー小説「チャイルド44」を映画化。1950年代、スターリン体制下のソ連を舞台に、子どもを狙った連続殺人事件の行く末を、リドリー・スコット製作、トム・ハーディ&ゲイリー・オールドマンの共演で描く。監督は「デンジャラス・ラン」のダニエル・エスピノーサ。53年、ソ連で9歳から14歳の子どもたちが全裸で胃を摘出され、溺死した変死体として発見される。しかし、犯罪なき理想国家を掲げるスターリン政権は、殺人事件は国家の理念に反することから、事故として処理してしまう。秘密警察の捜査官レオは、親友の息子の死をきっかけに、自らが秘密警察に追われる立場になりながらも事件の解明のため捜査を開始するが……。

作品データ

原題 Child 44
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ
上映時間 137分
映倫区分 PG12
ハッシュタグ

#チャイルド44

オフィシャルサイト  

特集

【このミステリーがすごい! 海外編第1位】【44の子どもの変死体】【名匠リドリー・スコット製作】【Mr. ミステリー ゲイリー・オールドマン出演】ミステリー映画ファンを刺激しまくる本作の“44の謎”
ロシアで発禁となった衝撃のミステリーが、R・スコット製作で映画化!

「このミステリーがすごい!」海外編第1位を獲得した傑作ミステリーが、リドリー・スコット製作×トム・ハーディ、ゲイリー・オールドマン出演作「チャイルド44 森に消えた子供たち」(7月3日公開)として映画化を果たした。本作に詰まった、ミス...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

全体主義国家において保身に走る官僚たちのグロテスクなまでに戯画化された醜悪さ
チャイルド44 森に消えた子供たちの映画評論・批評

1953年、スターリン独裁政権下のソ連で子供ばかりを狙った未曽有の連続猟奇殺人事件が起こる。秘密警察の捜査官レオ(トム・ハーディ)は親友の息子の死を契機に事件の真相を探ろうとするが、地上の楽園を標榜する理想国家にあっては病理的な殺人者...チャイルド44 森に消えた子供たちの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全73件)
  • まあまあ トムハ見たくて観賞。 ミステリー?かなあ? 時代背景が怖さを増長させているような感じ…何が正しくて悪いのかわからなくなるからやるせない。始終暗いですが最後はスッキリ終わってくれてよかった。 ゲイ... ...続きを読む

    MiKi MiKiさん  2018年11月3日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 途中飽きた ゲイリーオールドマン が出てたので観てみました。 なんだかいろんな要素を盛り込みすぎて、途中で飽きてきました。 もう少し削ぎ落としてもよかったのではと個人的に思います。 ゲイリーオールドマン は... ...続きを読む

    ジジ ジジさん  2018年9月24日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 後味悪い。一昔前のめちゃくちゃな世界って、信じられないけど事実なの... 後味悪い。一昔前のめちゃくちゃな世界って、信じられないけど事実なのね。 ゲイリー素敵。 原作を読んでからリピート。 原作の、もっと残酷な部分やややこしい部分はかなり端折られていたのだな。映画化に... ...続きを読む

    まるぼに まるぼにさん  2018年3月8日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「チャイルド44 森に消えた子供たち」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi