オスロ、8月31日

解説

「トーキョーノーザンライツフェスティバル2015」(2015年1月31日~2月13日/ユーロスペース&アップリンク)にて上映。

2011年製作/96分/ノルウェー
原題:Oslo, 31. august

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0幸せな過去には戻れない

2022年7月13日
iPhoneアプリから投稿

麻薬中毒からようやく抜け出しシャバに出てきたものの、その間に周りの友人達はしっかり前に進んでおり、自分一人浦島太郎のように取り残され、その人生の落差に絶望する話。

出だしが非常につまらなくてやばさを感じるものの、タイトル表示からの展開はまともな展開。
オスロの美しい街並み、景色は良いし、美しくも哀愁ある雰囲気が心地いい映画。

「わたしは最悪」があまりに名作だったのでこちらも鑑賞したが、本作は割とこじんまりした作品ではあるし、作品全体的には辛く重苦しく悲しい内容。

やり直そうと思っていたのに、自信もないし意固地にもなるし、社会は厳しい。一度過ちを犯すとおしまい、幸せだった過去には戻れない。

観続けていくうちにどんどん沼のようにはまっていく映画だった。内容だけなら3.5、雰囲気が好きすぎて0.5加算。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
やべっち
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る