ザ・ギャンブラー 熱い賭け

4%
13%
58%
21%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「テッド」「トランスフォーマー ロストエイジ」のマーク・ウォールバーグが27キロの減量に臨み、ギャンブルで全てを失った大学教授が人生を賭けた大勝負に挑む姿を描いたサスペンスドラマ。1974年製作のジェームズ・カーン主演作「熱い賭け」を、「猿の惑星:創世記」のルパート・ワイアット監督がリメイクした。ギャンブル依存症の大学教授ジムは、無謀な賭けを繰り返してマフィアに莫大な借金を負う。1週間で全額を返済するよう脅迫を受けるジムだったが、裕福な母親が用意してくれた返済金さえもギャンブルに注ぎ込んでしまう。命まで狙われるようになった彼は、教え子のエイミーと親密になったことをきっかけに、人生の再出発を図るべく大きな勝負に打って出る。共演にも「トッツィー」のジェシカ・ラング、「ビッグ・リボウスキ」のジョン・グッドマンら実力派キャストが集結。

2014年製作/111分/アメリカ
原題:The Gambler

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ゾンビーバー
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • HUNT 餌 ハント・エサ
  • バッド・マイロ!
  • プライマル・レイジ
  • ビッグ・バグズ・パニック
  • マングラー
  • ジーパーズ・クリーパーズ
  • リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

5.0スーパーギャンブル依存症

MrPさん
2019年5月7日
iPhoneアプリから投稿

ひたすら不快な描写が続く。ネタバレになるから言えないがこれはある意味でギャンブル依存症を克服するための啓蒙映画だと思う。結局、「無✳︎✳︎」何が言いたいかは見たら分かるよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MrP

2.5熱くない賭け

近大さん
2018年7月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

寝られる

ギャンブルで破滅していく大学教授を描いた、ジェームズ・カーン主演の1974年の『熱い賭け』のリメイク。
オリジナルは確か未見。

この手の作品の場合、ギャンブル・シーンにハラハラし、主人公の動向にスリリングな見応えを感じるものだが、本作にはそれを感じない。
と言うのも、主人公がクズ人間。
大学教授という社会的地位のある仕事に就いていながら、ギャンブルが辞められない。他人の趣味をとやかく言う気は無いが、身体の芯までどっぷり浸かったギャンブル狂、ここまでくるともはやビョーキだ。
金は全てギャンブルへ。
借金は膨れに膨れ上がっている。
見兼ねた母親が金を貸すが、それすら使い込んでしまう。
遂にはヤバい筋から金を借り…ま、後は言わなくても分かる事。
これで性格がまともなら同情の余地あるんだけれど…、借金はギャンブルに勝って返すといった考え。
自分のギャンブル狂を改める素振りもナシ。言うまでもなく、性格もサイテー。
周囲に悪態吐きまくり。
大学教授としても、生徒を無能扱いし、かなり偉そうで挑発的で、自分の教えに酔っている。
教え子と親しくなる。ちょいと関係を持つ。
何処までクズなんだ、コイツ。呆れて逆に天晴れと言いたくなる。

そんな全く共感出来ない主人公を熱演したマーク・ウォールバーグは見事。
当初、肉体派のイメージが強いウォールバーグに、ギャンブルに溺れる大学教授なんて役は合わないんじゃないかと思っていたが、27㎏も減量し、役者魂を見た。

クズではあっても、さすがに自分の人生を変えようとする。
全てを賭けた“熱い賭け”に挑むのだが…
結局は人生の大一番もギャンブル。
どんなに反面教師的に正当化しようとも、見てるこっちから言わせて貰えば、運も作品としてもとっくに見放していた。
ギャンブル・シーンに手に汗握る熱さを感じられなかったのも致命的。

どーでもいい事を。
監督は『猿の惑星:創世記』のルパート・ワイアット。
マーク・ウォールバーグはティム・バートン版『猿の惑星』に主演したハリウッドきっての猿顔スター。
ブリー・ラーソンとジョン・グッドマンは『キングコング:髑髏島の巨神』に出演し、ジェシカ・ラングもその昔コングに愛された。
み~んな、猿繋がり!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

2.5ザ・ギャンブル依存症、ここまで来ると逆に凄い

2016年6月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

難しい

意外と奥が深い作品ではありましたけど、正直面白かったとも言い難く、何か微妙な線の映画って感じでしたね。
オリジナル版は見てないので比較は出来ませんが、リメイクされたと言うことはきっとオリジナル版は多数の方に支持されたのでしょうから、基本的なプロットは悪くないはず。
しかし本作はどうにも淡々としすぎていて、いまいち話に入り込めなかったんですよねぇ・・・。
終わってみれば、意外と奥深い作品だったことに気付かされるんですけど、だからと言って絶賛するような感情にもなれずで。
まあ、結果微妙ってことで・・・通ウケはしそうですけど。

しかしマーク・ウォールバーグが演じた主人公・大学准教授のジムのキャラが、妙に鼻につくと言うか、一ミリも感情移入できなくて、終始イラっとしました。
俺はギャンブラーじゃない?って、そうですよ、あなたはギャンブル依存症ですよ!
これはまだ映画だから何とかなってると言うか、妙に哲学的に語られてますが、リアルではこうはいきません・・・死にますよ、普通・・・とりあえず入院をオススメします(苦笑)

と言うか、むしろ死のうとしてましたよね、完全な勝利でなければ死んだ方がマシみたいなことも言ってましたし。
彼の哲学は渋くてカッコイイと言えばカッコイイのですが、ギャンブルでそれを言われてもなぁ・・・とりあえず周りに迷惑かけるのはやめましょう。
リアルでも勝っても勝っても負けるまで止めない人って見かけますが、それならやらない方が結果ある意味儲かってると思うんですがねぇ・・・。

しかしどんなにボコボコにされてもとことん金を借りてギャンブルに立ち向かう姿は、ここまで来るとある意味脱帽、一切ブレないあの強いハートだけは見習いたいものです。
それと27キロ減量した意味があったかは何とも言えませんが、今までに見たことのないウォールバーグを見れたのは収穫でしたね。
ヒロインがいまやオスカー女優となったブリー・ラーソンだったのも、妙にお得感、作品の内容は個人的に微妙でしたけど、キャストが一級品だったおかげで何とか見れた映画でした。
まあ生徒に手を出すのはどうかと思うし、いまいち恋に落ちた過程もしっくり来なかったのは難点でしたけど、ラストの疾走感は意外と好きかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スペランカー

2.5堕ちるところまで堕ちて己を変えろ

2015年8月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る