ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション

ALLTIME BEST

劇場公開日:

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション

解説

トム・クルーズの代名詞ともいえる大ヒットスパイアクション「ミッション:インポッシブル」のシリーズ第5作。CIAやKGBをはじめとする各国の元エリート諜報部員が結成した無国籍スパイ組織「シンジケート」の暗躍により、イーサン・ハントの所属するIMFはまたも解体の危機に陥る。組織の後ろ盾を失いながらも、イーサンは仲間とともに世界の危機を救うため史上最難関のミッションに挑む。約1500メートルの上空を飛ぶ軍用機のドア外部から機内に侵入するというアクションを、クルーズがスタントなしで演じているシーンが撮影時から話題に。監督は、クルーズ主演の「アウトロー」も手がけたクリストファー・マッカリー。共演はシリーズ出演3作目となるサイモン・ペッグ、前作から登場したジェレミー・レナー、シリーズ全作出演のビング・レイムスほか、新ヒロインとしてスウェーデン出身のレベッカ・ファーガソンが参戦。

2015年製作/132分/G/アメリカ
原題:Mission: Impossible - Rogue Nation
配給:パラマウント
劇場公開日:2015年8月7日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.5この重厚感と格調高さが、このブランドのあり方を見事に更新させた

2019年1月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

従来の「M:I」とは何かが違う。オスカー受賞脚本家でもあるクリストファー・マッカリーが監督と脚本を手がけたことで、構築されたストーリーや世界観が、気迫を持って観る者を圧倒する傑作の誕生だ。もちろん、舞台の一つカサブランカであるのに併せ、かの名作映画に似た「イルサ」という名のヒロインを据えたことも格調高さを得た要因か。演奏中のオペラハウス繰り広げられる攻防戦も、そのクラシックな作りを丁寧かつサスペンスフルに描く手法が一周回って逆に新しく思える。

挙げ句の果てにはスパイや特殊組織そのものについての問いかけも内包し、つまりはこの50年もの間続いてきたスパイシリーズを俯瞰し、伝統を更新しようとする意志が十二分に伝わってくる。トムの上限知らずの挑戦意欲も生唾ものだが、それ以上に映画界ではほぼ無名のショーン・ハリスを悪玉に据えたキャスティングには脱帽だ。あの不気味で無慈悲な存在感には心底驚かされた。

コメントする (0件)
共感した! 7件)
牛津厚信

4.0やっぱトム最高!

2024年2月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

萌える

初っ端の軍用機のアクションもすごいし、話しも簡単過ぎず、難し過ぎず、引き込まれて観てしまった〜。
シリーズの仲間達のキャラが固定して来て、それもストーリーを盛り上げてる!
IMFの正当性が認められたのも痛快だし、レーンを最後生け捕りして同じ事をやり返したのも痛快!
バイクのアクションシーンも最高!
このシリーズ、毎回面白くてすごいな〜。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
きゃな

3.0謎の女諜報員を探っていく

2024年2月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
ゆかした

3.5観たことなかったけれど

2024年1月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

難しい

観たことなかったけれど、まあまあでした☆

コメントする (0件)
共感した! 0件)
hide1095
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ミッション:インポッシブル」シリーズ関連作品