かけがえのない人

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
かけがえのない人
20%
34%
40%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「きみに読む物語」の原作者ニコラス・スパークスのベストセラー小説を、「M:i:III」のミシェル・モナハンと「X-MEN」シリーズのジェームズ・マースデン共演で描いたラブストリー。高校時代に深く愛し合いながらも、ある事情から離ればなれになった男女の20年ぶりの再会と恋の行方を、現在と過去を交互に描きながら追う。ルイジアナ州の石油採掘基地で働くドーソンは爆破事故から奇跡的に生き残ったことをきっかけに、かつて捨てた「物事にはすべて意味がある」という考えを再び信じるように。そんなある日、ドーソンは他界した親友タックの遺言を実行するため、高校時代の恋人アマンダと再会を果たす。別々の人生を歩んできたふたりの運命は再び交錯し、それぞれ心の奥にしまい込んでいた思いがよみがえっていく。監督は「終着駅 トルストイ最後の旅」「モネ・ゲーム」のマイケル・ホフマン。

2014年製作/118分/G/アメリカ
原題:The Best of Me
配給:ブロードメディア・スタジオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2014 Best of Me Productions, LLC All Rights Reserved

映画レビュー

3.0銃なくなってほしい…

2020年1月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

愛する人のことを思い別れたけど、結局好きなまま離れても相手のためにはならないということ。
20年振りに再開して、夫や子供がいてもまた恋に落ちてしまうのは想像できる。

切ない終わり方…。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
x_x1020yam

2.5対象年齢20才

2019年9月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

純愛はいいし若い頃の主人公のカップルは可愛いんだけど年取った主人公のキャラ変わりすぎ!
純朴で本とか読んでそうな青年がいくら時が経ってもあんなずっとサッカー部でした!みたいなスポーティーガイにゃならねぇだろ! そしてお涙頂戴的強引ストーリー展開でガン冷める。
でも雰囲気は良いと思う。
ある程度ナイーブな大学生くらいまでなら楽しめそう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ryo akiyama

3.0なかなか良かったです。

2018年8月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

素敵で切ないラブロマンス。。
『君に読む物語』の感じ凄くありました。
40歳近くになった大人の人でも川に飛び込むのね。無邪気さが残ってる大人って良いです(ˊ˘ˋ*)
若いときの青年がハクソー・リッジに出てる人とは気付かなかったΣ見たことある感じはしたけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
☆ユウ☆

3.5"君といる事で自分を好きになれる"

Takatanさん
2017年8月18日
iPhoneアプリから投稿

若い時は、自分探しをしたくなるものだ。
それはできるだけ今までの環境から離れて、新しいものに出会い、経験として記憶されることで自分を見つけようとする。私もそうだと信じて、あちこち旅をしていた。
そして気づいたことかある。自分は"他人あってこその自分"であるということだ。それはこの映画に置き換えれば、ヒロインだけでなく、主人公と関わる全員が、彼という人物を作っていた。
誰しも生まれた環境に危機感を感じても、そこから抜け出すのは難しい。でも現代は昔より自分らしい生き方ができる世の中だと思う。

今、心と体がズレているなと感じているひとにぜひ観てもらいたい映画である。
ジャンルはラブロマンスだが、もっと幅広い意味を持つ映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takatan
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る