もっと猟奇的な彼女

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
もっと猟奇的な彼女
6%
6%
46%
21%
21%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本でも人気を博した韓国映画「猟奇的な彼女」の続編。美人なのに凶暴な“彼女”と別れた主人公キョヌが、幼少時代の初恋相手である新しい“彼女”と結婚したことから巻き起こる騒動を描く。運命の相手だと信じていた“彼女”が僧侶になって姿を消し、失意の底にいたキョヌ。そんな彼の前に、中国に行ったため離れ離れになっていた幼いころの初恋相手が現れる。美しい大人の女性へと成長していた新しい“彼女”と、子どもの頃に結婚の約束を交わしていたことを思い出したキョヌは、様々な壁を乗り越えて結婚にこぎつけるが……。チャ・テヒョンが前作に続いて主演をつとめ、新しい“彼女”役をガールズグループ「f(x)」のビクトリアが演じる。キョヌに片思いする女性役に、韓国でも活躍する日本人女優・藤井美菜。監督は「夏物語」のチョ・グンシク。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。

2016年製作/99分/韓国・中国合作
原題:My New Sassy Girl
配給:ハーク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

2.5まだ観てないけど

ともさん
2017年11月12日
iPhoneアプリから投稿

チャンデヒョンはでないの前作の彼女と別れたの?嘘でしょ
なんであんなに良かったのに
ちなみにキョヌ結構ファンなんで観てみようと思う

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とも

2.5猟奇的じゃない

2017年9月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

猟奇的な彼女と別れた主人公は、幼馴染で初恋の中国娘と再会、結婚することに。
ちょっと変わっているかもしれないが、猟奇的とは言えないかな。
時代に追い越されていると思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0初恋の人と結婚。深い愛!?

minoriさん
2017年9月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

思ったより彼女が猟奇的ではありませんでした(笑)
普通にめちゃ可愛い中国人の奥さんでした。

コミカルで理屈抜きで面白かったです。
最後のシーンでは少しほろっとしました。

藤井美菜って韓国で活動しているんですね。
華があって素敵でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
minori

3.0一風変わった内助の功。沢山笑って泣ける、極上ラブコメディ!!

2017年2月25日
PCから投稿

笑える

楽しい

幸せ

【賛否両論チェック】
賛:予備知識は不要。実は猟奇的だった初恋の人との運命の再会を果たした主人公が、彼女の尻に敷かれつつも男として少し成長していく姿が、おかしくもどこか微笑ましい。そんな主人公を変わらずに支え続ける彼女の本当の想いにも、思わずホロッとさせられる。
否:展開はかなりご都合主義的で、出来過ぎ感があるか。

 前作の知識は不要です。今回は主人公が幼い頃に相思相愛だった初恋の人と再会して、晴れて結婚することになり、そこから巻き起こるドタバタ劇の連続に、思わず笑ってしまいます。
 普段は(割と)優しくて気立てもよくて献身的、けれど一旦火が点くと(いろんな意味で)止められない〝彼女”。そんな彼女と主人公・キョヌが、時にケンカし時に道に迷いながらも、少しずつお互いの本当に気持ちを理解し合っていく様に、思わず感動させられます。ラストはやや出来過ぎ感があると分かっていても、それでもジーンと来るからステキです(笑)。
 気になるようなラブシーンもありませんので、デートで沢山笑ってホロッと泣ける、そんな作品といえそうです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画コーディネーター・門倉カド
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「猟奇的な彼女」シリーズ関連作品

他のユーザーは「もっと猟奇的な彼女」以外にこんな作品をCheck-inしています。