セシウムと少女

劇場公開日

  • 予告編を見る
セシウムと少女
セシウムと少女
0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大学時代に岡本喜八監督に師事し、東京のミニシアター「ラピュタ阿佐ヶ谷」の支配人として映画に携わってきた才谷遼が初監督を務めた作品。阿佐ヶ谷に住む少女と7人の奇妙でくたびれた神々が、逃げた九官鳥を探して東京中を駆け巡る姿を描いた冒険ファンタジー。両親と3人で阿佐ヶ谷に住む17歳の高校生ミミちゃんは、ある日の下校時、雷に打たれて雷神のらーさんと出会い、らーさんを通じて風神のふーさん、阿修羅のあーちゃんなど不思議な7人の神さまたちと知り合う。ミミちゃんは、大切にしていた九官鳥を失っていた静おばあちゃんのため、神さまたちの力を借りて過去にタイムスリップし、九官鳥を探す旅に出るが……。

2015年製作/109分/G/日本
配給:ふゅーじょんぷろだくと

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2015 ふゅーじょんぷろだくと

映画レビュー

3.0地域密着型映画

SHさん
2015年9月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

予想よりし質が高いように思った。しかし、プロとアマの要素が入り交じっている感が否めない。アニメーションにしても演技・演出にしても─。粗くともそれらが全てにわたって馴染んでくれれば違和感なく見れたと思うのだが、創造性豊かな作品であるが故に、あまりにも異質な箇所が有りすぎると感じてしまった。それでも尚それらを気に入ってしまえば問題なかったのであろうが、多少気に入らないところもあり、それほど響いてこなかった。
とはいえ、こういった試みや社会に対するアンチテーゼなどには、大いに拍手を贈りたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る