愛ここにありて

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

薄幸の少女を巡る三角関係を描くラブストーリー。監督はマーク・ピズナースキー。出演は「シャンヌのパリ、そしてアメリカ」のリリー・ソビエスキー、「アメリカン・パイ」のクリス・クライン、「パラサイト」のジョシュ・ハートネットほか。

あらすじ

裕福だが、愛のない家庭環境で育ったエリート学生のケリーは、地元のレストランに立ち寄り、不良グループのジャスパーと、そこで働く恋人サマンサに出会う。まもなく、サマンサを巡りジャスパーと敵対し始めるケリー。だが、陽気なサマンサは、余命1,2年と宣告されていた…。

2000年製作/97分/アメリカ
原題:Here on Earth
配給:20世紀フォックス

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0金持ちで将来を約束されているケリーを羨む田舎者ジャスパー。工事中も...

kossyさん
2018年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

金持ちで将来を約束されているケリーを羨む田舎者ジャスパー。工事中もサマンサのことでケンカをしてしまうが、彼女の心はケリーの方へ・・・この結局は金持ちの方に惹かれていくという設定は嫌いだ。いつもは嫌いなジョシュ・ハートネットが可哀想に思えてくるほどだ。
 基本は三角関係だった。そして、どちらが本物の愛を示してくれるのか・・・という盛り上がりを見せてくれるのだが、サマンサの心が観る者に伝わらない・・・結局はジョシュの良さばかりが目立ってしまったかな。そしてサマンサの父親が良かった。クリス・クラインは全くダメ。
 サマンサの身体をアメリカ地図に見立てた最初のラブシーンは面白い。いつかはパクられそうだなぁ(笑)。「恋の落書き板」やフロストの詩に関しては、伏線を張り巡らせるといい映画になったかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る