デス・トゥ・スムーチー

解説

「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のロビン・ウィリアムズと「ファイト・クラブ」のエドワード・ノートンが初共演したブラックコメディ。子ども向け番組の人気者レインボー・ランドルフは、あるスキャンダルが原因でクビになってしまう。後任探しに奔走する番組ディレクターのノラは、スキャンダルとは無縁の生真面目な青年シェルドンを大抜擢。彼が演じる紫色のサイ、スムーチーは瞬く間に大スターとなる。スムーチーに人気者の座ばかりか恋人だったノラまで奪われてしまったレインボーは、恨みのあまり彼を暗殺しようと企むが……。共演に「マルコヴィッチの穴」のキャサリン・キーナー。「ローズ家の戦争」など監督としても活躍する俳優ダニー・デビートがメガホンをとった。

2002年製作/109分/アメリカ
原題:Death to Smoochy

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

オソレゾーン

映画レビュー

2.0名優たちの無駄遣い

2018年9月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

なんだろう、ブラックでもなければコミカルでもなかった。
人気者スムーチーを落ちぶれたランドルフが付け狙うドタバタな感じを想像してたら、終始だらだらしてた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ちかし
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る