ビッグショットダディ

  • AmazonVideoで今すぐ見る
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のロビン・ウィリアムズ主演によるブラックコメディ。作家になることを夢見る高校教師ランスは、勤務先の高校に通う15歳のダメ息子カイルに頭を悩ませていた。そんなある日、カイルが自慰行為中の事故で死んでいるのを発見したランスは、事実を隠ぺいするために嘘の遺書を作成する。ところが、その遺書がひょんなことから新聞に掲載されて大反響を呼ぶ。後に引けなくなったランスは、カイルの日記まで捏造。しかもその日記が本として出版されて大ヒットとなり、カイルはカリスマ的存在に祭りあげられてしまう。カイル役に「スパイ・キッズ」シリーズのダリル・サバラ。監督・脚本は「ゴッド・ブレス・アメリカ」のボブキャット・ゴールドスウェイト。

2009年製作/アメリカ
原題:World's Greatest Dad

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

4.0ロビン・ウィリアムズの自殺と重ねて

カメさん
2019年4月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.9
ブラックコメディで、表面的なストーリーで追うと酷い脚本。また父子との関係や互いの心理描写など作り込みが浅い演出。映画としては見せ方の着眼点が甘いB級コメディだ。
しかし根底に流れるテーマはしっかりと芯があり、軽々しくB級と言えないモノがある。
それを表現するかのように、ラストに流れる
名曲アンダー・プレッシャー。
孤独で死ぬ事が不幸なんかじゃない。
「孤独を感じさせる人達の中で死ぬ事が本当の不幸なんだ」。最後のこの台詞が心にいつまでも引っかかる。
ロビン・ウィリアムスがその数年後に首吊り自殺をした事と、この台詞が重なり涙が込み上げる。
最後すべての服を脱ぎ捨て、裸のままプールに飛び込んだロビン・ウィリアム。プレッシャーの下に悩む事なく、死ぬ直前に本当の自分になれたのだろうか。
彼の死と重ねて見てしまう作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

1.5弱い

MrPさん
2019年4月24日
iPhoneアプリから投稿

けど笑える部分もある。ウィリアムズは裸になるのが好きだね。精神を題材にしておいて死ぬしね。躁鬱だったんじゃないかなと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MrP
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る