夫婦フーフー日記

劇場公開日:

夫婦フーフー日記

解説

佐々木蔵之介、永作博美主演により、実話ブログから生まれた同名原作を映画化。出会って17年目にしてようやく結婚したコウタ(ダンナ)とユーコ(ヨメ)。入籍直後に妊娠が発覚し、幸せの絶頂のさなか、ヨメの直腸に悪性腫瘍が見つかる。夫婦の一大事を、自分のブログで報告するダンナ。やがてそのブログは、夫婦の闘病記としてつづられていく。夫婦待望の赤ん坊が誕生し、家族の未来に希望をもち始めた矢先、ヨメは病状が悪化し他界してしまう。そんな折り、ブログに書籍化の話が持ち上がり、ダンナは原稿に向き合うことで現実逃避をする。そんな彼の前に、死んだはずのヨメが現れる。原稿をまとめたいのに、ちゃちゃを入れるヨメ。次第にふたりは夫婦として過ごしてきた日々を振り返り、伝えられなかったそれぞれの思いを見つけることになる。「婚前特急」「わたしのハワイの歩きかた」の前田弘二が監督・脚本。

2015年製作/95分/G/日本
配給:ショウゲート

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2015 川崎フーフ・小学館/「夫婦フーフー日記」製作委員会

映画レビュー

3.511月22日は、いい夫婦の日

2022年11月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

11月22日は、「いい夫婦の日」ということで鑑賞。
切ない物語ですが、主人公と幻影妻の掛け合いが夫婦漫才みたいで面白い(幻影妻が、ツッコミ)ので、重くはない。
永作博美さんは、やはり魅力的ですね。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
光陽

3.0原作は闘病ブログ。ある夫婦の出会いから別れまで。 ちょっとあっさり...

2022年6月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

原作は闘病ブログ。ある夫婦の出会いから別れまで。
ちょっとあっさり描きすぎている気がするが、重たくなりすぎず、大切なところは伝わってきた。永作博美が良かったです。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よっしー

3.0笑えて、ホロリとして、温かくて、フーフー愛日記

2019年12月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

単純

幸せ

共通の友人を介して出会った、作家志望のコウタと快活な性格のユウコ。
それから17年、ずっと仲の良い友達で、色恋には発展しなかったが、ユウコがお見合いをする事となり、それがきっかけでプロポーズ。
晴れて結ばれ、子供も産まれ、幸せの絶頂だったが…、
ある日ユウコに直腸がんが見つかり、急逝してしまう…。

実在の夫婦の愛の軌跡とがん闘病記を綴ったブログを基に映画化。
この説明だけならよくある湿っぽいお涙頂戴劇。
そうだったら、この夫婦には申し訳ないが、大して惹かれなかったろう。
しかし映画は、大胆味付け。

まず、思ってた以上にコメディタッチ。
それを盛り上げてくれるのが、佐々木蔵之介と永作博美。
とにかくこの二人の、軽快なやり取り、掛け合い、“夫婦漫才”が最高!
本作の魅力の大部分を補っていると言っていい。
周りの友人たちも個性的。

そして、回想形式…と言うか、二人のこれまでを綴り纏めた出版予定の原稿をツッコミ&言い合いしながら、二人が共に歩んだ日々を振り返る。
でも、ユウコは故人なのに、どうやって…?
ユウコは死んだ。…筈なのに、目の前に居る! しかも、やかましく散々話し掛けてくる。
そう、死んだヨメが幽霊?幻影?となって、ダンナの前に現れ…という設定。
これもそう珍しくはない設定だが、これが実話を基にしているから驚き。
実話を基に、そんなファンタジックな大胆設定にしていいの…?
これで作品がつまらなかったら話にならないけど、特筆すべき!…とまでは言わないが、上々のハートフル作。

ダンナとヨメの生者と死者による(?)丁々発止の夫婦漫才。
葬式の席やその他でもしつこく話し掛けてくるヨメに、「うるさい」「黙れ」。
端から見れば、悲しみでおかしくなった…?
この手の作品の定番と言っちゃあ定番だが、クスッと笑えて。
そして、

ヨメを失ってからのダンナ。
本にしようとするが、周囲の反応は…。
新しい仕事に不慣れ。
仕事に没頭して、まだ赤ん坊の息子の世話がおざなりに…。
一人の人間として、父親として、これからやっていけるのか…?
不器用過ぎるダンナ。
ヨメが心配して出てくるのも無理はない。

友達としては17年。
夫婦としては2年も無い。
あんなに一緒に居たのに、突然の別れ。
そりゃあショックや悲しみは大きい。
でも、それ以上のものを与えてくれた。
またそれを再確認出来て、これからきっと、やっていける。
ホロリとして、温かくて。

ハンバーガーを食べる度に思い出す。
うまそー。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
近大

3.5永作博美主演により、実話ブログから生まれた同名原作を映画化。

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

永作博美主演により、実話ブログから生まれた同名原作を映画化。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
てかる
すべての映画レビューを見る(全41件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る