365日のシンプルライフ
ホーム > 作品情報 > 映画「365日のシンプルライフ」
メニュー

365日のシンプルライフ

劇場公開日

解説

自分の持ち物すべてをリセットするという実験生活に挑戦したフィンランド人青年の1年間を追ったドキュメンタリー。ヘルシンキで暮らす26歳のペトリ・ルーッカイネンは、失恋をきっかけに、多くの物に囲まれた生活を見直そすことを決意。自分の持ち物を一旦すべて倉庫に預けて1日1個ずつ自宅に持ち帰り、他には何も購入しない、という生活を1年間続けることに。今の自分に必要な物を選ぶ行為や、物に対するさまざまな葛藤、さらに手助けしてくれる人々との触れあいのなかで、ペトリは自分の人生にとって本当に大切なものは何かを発見していく。主人公ペトリの実体験をもとに、ペトリ自らが監督を務めて製作した。

作品データ

原題 Tavarataivas
製作年 2013年
製作国 フィンランド
配給 パンドラ、kinologue
上映時間 80分
オフィシャルサイト  

映画評論

北欧青年の感傷的な“必要最小限”が導く、自分探しと成長の記録
365日のシンプルライフの映画評論・批評

フィンランドの青年、ペトリ・ルーッカイネンが、自分の持ち物を全部倉庫に預けて、そこから必要な物をひとつずつアパートに持ってくるという実験を始めるようになったそもそものきっかけは、失恋だった。彼女と別れた反動で、カードを使って買い物をし...365日のシンプルライフの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全17件)
  • 最初からヒトの話がしたかった? ネタバレ! 面白い実験だったが、予定調和な筋書きに沿った展開と感じられてしまったために、ドキュメンタリーとしては少し物足りなさを感じた。 彼は、モノの話ではなく、ヒトの話を最初からしたかったのだと思う。 *... ...続きを読む

    doronjo doronjoさん  2018年7月10日  評価:-
    このレビューに共感した/0人
  • 人生にとって必要な物を選ぶ映画 彼女に振られたことをきっかけに、部屋の荷物を全て倉庫に預けて、1日にひとつずつ物を持ち出せて1年を過ごすことにしたペトリ(26)。 ・初日は真冬の真夜中に真っ裸でスタート、はじめは衣類中心。 ・... ...続きを読む

    mimiccu mimiccuさん  2018年6月14日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 結局モノは要るの? 主人公の彼はモノを持たずにシンプルに暮らし始めたけど、何か満たされない? 彼女が欲しい→彼女が出来た→女はモノが必要なのby彼の祖母のおことば ……… ということで、彼女と結局モノに溢れた部屋で... ...続きを読む

    Y Yさん  2017年11月25日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「365日のシンプルライフ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi