365日のシンプルライフのレビュー・感想・評価

365日のシンプルライフ

劇場公開日 2014年8月16日
17件を表示 映画レビューを書く

最初からヒトの話がしたかった? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

面白い実験だったが、予定調和な筋書きに沿った展開と感じられてしまったために、ドキュメンタリーとしては少し物足りなさを感じた。

彼は、モノの話ではなく、ヒトの話を最初からしたかったのだと思う。


彼女というヒトと離れてシンプルライフへの決断。

友人というヒトとの助け合いなしには生きていけない状況に。

必要なものを満たすモノの後はヒトとの関係を豊かにするモノが必要になる(携帯電話や彼女との釣りシーンなどに象徴)

中盤の、「彼女をパーティーに連れて行ったら責任が発生するかな?」というニュアンスの発言、明らかにそれに導かれた後半の「モノの所有には責任の重みが伴う」という悟り。
そして、そのシーンの直後から、彼女が顔出しする。

映画を観る全世界のヒトに彼女を紹介し、その責任を引き受けるという宣言である。


モノという題材で、最初からヒトの話を暗喩し続けているので、それは編集の力だけではなく、最初からそういう展開にすべく撮ろうと思っていたのでは、と感じてしまった。

7日目ですでに、これ以上物が要らない感じたというあたりからも、今後の展開が見えてしまい、中だるみにつながったかもしれない。

doronjo
doronjoさん / 2018年7月10日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生にとって必要な物を選ぶ映画

彼女に振られたことをきっかけに、部屋の荷物を全て倉庫に預けて、1日にひとつずつ物を持ち出せて1年を過ごすことにしたペトリ(26)。

・初日は真冬の真夜中に真っ裸でスタート、はじめは衣類中心。
・日用品、テーブル、冷蔵庫と50~60日くらいで生活に必要な最低限が揃って、そのあとは物欲がなくなっていく。
・210日過ぎたくらいから、ペトリと彼女とのデート~カップルになっていく過程が淡い映像になって撮される。
・「モノは100個でいい」
・モノについては焦点が絞られていたが、ライフスタイルについては人それぞれとしか。
・可愛いばあちゃんとのやりとりがほっこりした。
・ フィンランドが舞台だけあって、家具や部屋がオシャレ。

mimiccu
mimiccuさん / 2018年6月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結局モノは要るの?

主人公の彼はモノを持たずにシンプルに暮らし始めたけど、何か満たされない?

彼女が欲しい→彼女が出来た→女はモノが必要なのby彼の祖母のおことば ………

ということで、彼女と結局モノに溢れた部屋で暮らしているよう………

それが幸せという結論かな?

Y
Yさん / 2017年11月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

引越し前に見てよかった

引越し前に見てよかった

mk
mkさん / 2016年12月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リセットの重要性 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

迷ったら、物スッキリで心もスッキリ。
実にわかりやすい理論です。

迷える孫を導く、可愛らしいおばあちゃんの言葉が
シンプルでいて本質をついててグッときます。

365日の間、守り通そうと誓ったルールを、幸せのために破った彼の判断には、賛同。
幸せになるためにつくった、ルールだから。

chibirock
chibirockさん / 2016年8月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1日ひとつでは?

発想とか作品のトーンはすごく好ましいのだけれど、やっぱり「ルール」は貫いてくれたほうが作品としての完成度は高かったでしょうね。何日かで、さっそく「1日ひとつ」じゃなくなって、しばらくするとそれどころか、持ち出さない、あるいは、まとめて出す、ということになって、企画意図はどこへやらグズグズ感も甚だしい展開に。
でも、個人的な「幸福感」探しが目的だったわけだから、実験は成功といえるんでしょうか。見てる側は置いてかれますが。
この人映像関係のフリーランスでしょうか?自由ぽい生活じたいがうらやましく映ります。
映画としての評価しづらい。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2016年8月16日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

究極のミニマリスト

究極のミニマリストの話し。

完結で、おもしろかった。
しかし、やりすぎでは?と思うシーンは多々。
裸で、街を走るシーンなんかもう犯罪じゃん。

やりすぎはよくないが、かなり参考になった。
シンプルだが、シンプルでないドキュメント。

Ayaka
Ayakaさん / 2016年7月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いかにもシンプルライフ

断捨離の刺激になるかと思って見た。
彼のチャレンジは凄いと思う。
モノを買わないと言うルールを守る事はとても難しいことです。
断捨離とは別の意識、必要なモノを選ぶ。
その考えは常に私が〈捨てなきゃ〉と思っている強迫観念より、全然心の負担がなくて良いと感じた。

kazuyo
kazuyoさん / 2016年6月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生活に必要なものは100個くらい その次の100個は生活を楽しむた...

生活に必要なものは100個くらい
その次の100個は生活を楽しむため
所有とは責任でありものは重荷になる
どんな重荷を背負うか僕は自分で決める
祖母の言葉は正しいと思う
人生はものでできてない

LilLy_coco
LilLy_cocoさん / 2016年1月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リストを詳しく!

最後のリストが
いちばん大事なんじゃないのかなー。
それをさらっと流して終わりでは、
なんだか普通だ。
字幕すらはじめの幾つかだけ。

物の名前とそれがもたらすもの…
北欧のおしゃれ感たっぷりの
画像とともに、延々とエンドロールで
楽しみたかったな。

mieru
mieruさん / 2015年10月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

だから

だから、どうなんだ?

解説は語る。
「今の自分に必要な物を選ぶ行為」って?
「物に対するさまざまな葛藤」って?
「手助けしてくれる人々との触れあい」って?
「自分の人生にとって本当に大切なものは何か」って?

シンプル・イズ・ベストとか
minimalismって
声高に言う自慰的行為以前の、
似非啓蒙的映画にも見えてしまった自分が悪いのか?

critique_0102
critique_0102さん / 2015年9月13日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

生活に必要な物って?

この映画を知った時、静岡から渋谷まで観に行こうかと思った。こんなことはめったにない。物作りをしている為、材料集めと称してかなりの物に占領されている。果たしてこれらをゼロにして、人生を終えることが出来るだろうかと思う。持ち物の全部をトランクルームに預けてみるという青年の試みを興味深く感じていたところ、静岡での上映を見つけ、さっそく鑑賞に出かけてみた。
都会で仕事をしている青年と彼の弟、友達、みな笑顔で賛同してくれている。
物を捨てるという行為でなく、必要な物を選ぶという方がストレスを感じないのではないか。
田舎の森の風景や、祖母や従兄弟の男の子、母とのやりとりも優しく、久々に心がなごむ映画だった。
フィンランドに行ってみたくなった。

greendiamond205
greendiamond205さん / 2014年12月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

知的カップルのデートにピッタリ!

2014年12月21日、浜松 シネマイーラで再見。

そして結局「持てる(モテる)者の話」なんだと再確認する次第。
自分が捨てておいて…

「彼氏いないの〜」

なんて宣う輩どもの住む、上辺こそが全ての世界の物語。

これが野郎なら、男女平等が叫ばれてン十年たった今でも狩らなきゃいけない風潮故に。
なんだか「狩る能力の退化した」野郎には、観直して女性に媚び過ぎている様に見えてしまった。

あっという間に聞かなくなった「ロハス」なんて言葉に熱くなったような女性にピッタリな作品。

ーーーーーーーーーー

予告で期待して、いい意味でそれを裏切られた一本。

先ず、予想以上にオサレ!随所に挟まれるJAZZが非常に良いスパイスになっていた。

ただ、「365日」の消化の仕方に力づくを感じたし。
上手く転がり過ぎる主人公の状況を僻んでみたり(若さと恋は、幾つになっても妬ましものなのよ!涙)
結局物語的には着地点が「嗚呼、結局…」だったのに残念さは感じるけど…

それ以上に家族、友人などの登場人物の配置と役割り分担がとにかく見事!

魅力的な人物描写で十分楽しめる作品。

レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれ
レビューも書かない阿呆からのフォローは迷惑千万、好きこそモノのヘタレなれさん / 2014年12月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ミニマリスト

有り余る物を持てる時代になったからこそ、出てくる先進国的な映画。

確かに、身の丈以上に物を持つことも買物することも負担にしか思えなくなってきてる今日この頃なので、真似はできませんが良い刺激になりました。

ミカ
ミカさん / 2014年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

残念

モノだけでは幸せにならない。
やっぱ人の繋がりも大切だよね。
みたいな分かり切ったオチに着地したことにがっかり。

リアルを表現してるけど、
意外性とか存在しないものだったので
星低めにしました。

映像としては綺麗でした。

aya
ayaさん / 2014年9月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フィンランドがとても身近に

私もモノが多すぎるので、一念発起のきっかけになればと鑑賞。
モノを所有することにうんざりした男が、何もない部屋で黄昏れる冒頭からとことん身につまされる。
単調な展開だと思うのに一度も退屈にならなかった。

断捨離以外の見どころとしては、主人公をとりまく人々。
兄の狂行に付き合う弟、ズケズケものを言う友達、修理上手で面倒見のいい友達、モノを運んでくれる幼なじみ。
今時フィンランド男子たちの日常や価値観、そしてその結束がなんだか良かった。

幸せはモノの多さで測れない。人生はモノでできてない。

AcunWilder
AcunWilderさん / 2014年8月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

モノ

モノとの関係、モノの価値について考えることから始まり、そこから視点が広がっていきます。シンプルライフという題名だけあって、内容に大きな波もなく、初めて映画館でウトウト(・・;)自分自身を見つめ直す機会になりました。

Y
Yさん / 2014年8月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

17件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi