美女と野獣(2014)
ホーム > 作品情報 > 映画「美女と野獣(2014)」
メニュー

美女と野獣(2014)

劇場公開日

解説

ディズニーアニメ版でも広く知られるファンタジードラマの名作「美女と野獣」を、1740年に初めて書かれたビルヌーヴ夫人版の物語をもとにフランスで実写映画化。監督は「サイレントヒル」「ジェヴォーダンの獣」のクリストフ・ガンズ。野獣役に「ブラック・スワン」のバンサン・カッセル、ヒロインのベル役は「アデル、ブルーは熱い色」でカンヌ映画祭パルムドールを受賞したレア・セドゥー。バラを盗んだ父の罪を背負い、野獣の城に閉じ込められた美しい娘ベル。しかし、城の主の野獣は毎夜ディナーを共にすること以外、何も強要してこない。やがてベルは野獣の恐ろしい姿の下にある、もうひとつの姿に気付きはじめ、野獣が犯した罪や城で過去に起こった出来事の真実が解き明かされていく。

作品データ

原題 La belle et la bete
製作年 2014年
製作国 フランス・ドイツ合作
配給 ギャガ
上映時間 113分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

インタビュー

レア・セドゥー、クリストフ・ガンズ監督と組んだ実写版「美女と野獣」を語る
インタビュー

アブデラティフ・ケシシュ監督作「アデル、ブルーは熱い色」で、第66回カンヌ映画祭パルムドールを受賞したレア・セドゥー。独特の雰囲気をまとい、魅力たっぷりのキャラクターをつくりあげてきたセドゥーが次に選んだ作品は、クリストフ・ガンズ監督...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

有名なおとぎ話を、怒濤のバトルファンタジー的なテイストで見せる
美女と野獣(2014)の映画評論・批評

ディズニーアニメ「美女と野獣」が製作されてから、はや23年。いまや、野獣にかけられた魔法をベルの愛が解くというこの物語も、おとぎ話の絵本より、あの名作アニメで出会う人のほうが圧倒的に多いだろう。そんななか、物語を生んだ本家フランスによ...美女と野獣(2014)の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全133件)
  • ディズニーとは違う 勝手にミュージカル映画と思い込んでいて、いつ歌うんだろうって思ってましたw ディズニーのイメージで見るとだいぶ違う。こっちの話は大人かなー。ちょっと話が長く感じた。前半のテンポがいまいち。 ...続きを読む

    キクさん キクさんさん  2018年5月31日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • ディズニー版より断然いい!! 元のストーリーを捻じ曲げ、わかりやすく、簡単にしてしまうディズニーに対抗するかのように美しく、深い、メッセージが入った最高のおとぎ話。 レアセドゥー、ヴァンサンカッセルという素晴らしい役者陣にも... ...続きを読む

    R Film n R Film nさん  2018年4月6日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 好きじゃない フランス映画ってやっぱり回りくどくてつまらない ...続きを読む

    気ままなおさる 気ままなおさるさん  2018年3月4日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「美女と野獣(2014)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi