南部軍 愛と幻想のパルチザン

劇場公開日

南部軍 愛と幻想のパルチザン
採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

朝鮮戦争の前後に韓国南部の山岳地帯で活動したパルチザン部隊・南部軍を題材にした、1990年製作の戦争ドラマ。韓国の社会派監督チョン・ジヨンが、南部軍に従軍した新聞記者イ・テによる同名手記をもとに、これまで韓国建国に反対した「共匪(きょうひ)」として歴史上のタブーとされてきた彼らの姿を人間味あふれるタッチで映画化。さまざまな理由で南部軍に参加した人々が、飢えや寒さといった極限状態の中に置かれながら、同胞を敵に回した勝算のない戦いに身を投じる姿を描きだした。「シルミド」のアン・ソンギが主人公イ・テを演じるほか、彼と恋に落ちる看護兵役に人気ドラマ「ラスト・スキャンダル」のチェ・ジンシル、イ・テを慕う文学青年役に「リベラ・メ」のチェ・ミンスが扮した。

1990年製作/157分/韓国
原題:Nambugun
配給:西ヶ原字幕社

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)AURA PICTURES

映画レビュー

0.5とにかく長い、退屈、そして後悔

ゴボウさん
2014年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

同時上映で初見。ひたすら退屈な映画だった。
とにかく長い!
無駄なシーン、安っぽい戦闘シーン、そして安っぽいメロドラマがひたすら続く。
ゴールデンウィークなのにこんなつまんない映画を見させられてるオレって何だろう?と自問した。そして後悔した。

歴史的価値?
この映画にかぎっていえば、そんな価値はまったく見出せなかったなぁ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ゴボウ
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る