レッド・ファミリー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
レッド・ファミリー

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

韓国の鬼才キム・ギドクが製作と脚本を手がけた社会派ドラマ。幸せな暮らしを送っているかに見えるが実は北朝鮮工作員による擬似家族と、その隣人であるケンカの絶えない韓国人家族。対照的な2つの家族の交流をコミカルかつスリリングに描くことで、現在の朝鮮半島における問題を浮き彫りにしていく。監督はこれが長編デビュー作となるイ・ジュヒョン。出演は「ボイス」のキム・ユミ、「大韓民国1%」のソン・ビョンホ。2013年・第26回東京国際映画祭コンペティション部門で上映され、観客賞を受賞した。

2013年製作/100分/G/韓国
原題:Red Family
配給:ギャガ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0今は喧嘩しててもいつかは敬い合う家族(南北)

近大さん
2018年7月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

悲しい

母、父、娘、祖父。
一見、普通の家族。
しかし彼らの正体は、北朝鮮から来たスパイ一味だった…!

家の外では、仲睦まじくアットホーム。
が、ひと度家の中に入ると、母役を班長とし、命令・階級に絶対服従。
「パパ!ママ!」と呼んでいたのが、途端に「同志!」。そのギャップ。
プロデュース/脚本は、キム・キドク。彼にしては珍しいブラック・コメディ。
でもそこは鬼才、ブラックな笑いで覆い被せたその中に、家族を通して南北の悲哀を浮き彫りにする。

彼らの隣に住むのが、父、母、息子、祖母の韓国人家族。至って平凡だが、両親は喧嘩が絶えない。
よくあるご近所トラブル。
喧嘩ばかりしてる醜態。
当初は見下していたが…。

お隣さんである以上、次第に付き合いが始まる。
喧嘩ばかりしてて決して理想的ではないのに、何故か情が沸いてくる。
あろう事か、“南”に憧れすら抱く。
彼ら擬似家族の北朝鮮スパイたちにも、祖国に残してきた家族が居る。
祖国を離れ、“南”で工作活動をしてるのも、命令で時に暗殺を行うのも、全て祖国の家族の為。
我々が忠実に任務を遂行していれば、家族の安全や生活は保証される。
でもそれって、人質に取られているようなもの。
実際とある失敗をしたら、家族の身に危険が及ぶと脅される。
家族の為とは言え、何故時に家族や自分の命すら危険にさらすのか…?
祖国や偉大なアノ方に忠誠を尽くす事が第一であり全てなのか…?
お隣さんのようにしょっちゅう喧嘩するけど、敬い合う事こそ、家族として人としての幸せではないのか…?
彼らの中で、何かが揺らぎ始める…。

彼らの言動は常に監視されていて、何もかも筒抜け。彼らが次第に“南”に情が移っている事も。
仲間の一人の家族が脱北を計り、彼らや祖国の家族の身がどんどん危うくなる。
個人的に印象に残ったシーンは、彼ら擬似家族とお隣家族とで会食。
南北の在り方についてちょっと言い合いになるが、それが今我々が南北について感じている疑問などの全てを言い表していた。

彼らに最後の任務が。
惑わした隣の家族の暗殺…。
何の罪も無い一般家族を何故殺さねばならない…?
それ以前に、そんな事はもう出来る筈がない。憧れの家族像であり、親しい友人たちなのだから…。
隣の家族の命か、自分たちの命か、彼らの決断は…?

家族として過ごす内に、家族に憧れ、奇妙な絆で結ばれ…。
ラストのあるシーンに、本当の家族のような姿を感じ、目頭熱くさせるものがあった。

今は喧嘩してても、いつかは敬い合って。
それは家族同士も、国と国同士であっても、決して不可能ではない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

3.5コメディではありません

2018年1月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

コメディ的な要素を期待しましたが、やはり北はヤバイという内容で最後はただ暗い泣ける話になりました。悪くはないのですが、おなじテーマのシークレットミッション(キムスヒョン)の方が素晴らしく比較して物足りないないので評価は中の上とさせていただきます。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
モロッコガール

4.0エッジが効いてる

2017年4月2日
iPhoneアプリから投稿

最初から最後まで展開が気になり続け作品に没頭しました。
コメディ要素はあまりなく、常に自分の道徳心と向き合わされます。
最後が個人的にはウェット過ぎてちょっとだけ冷めてしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アリンコ

3.0実際はかなり違いました。

2017年2月19日
PCから投稿

予告編ではコメディ映画かと思わせといて、実際はかなり違いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ボケ山田ひろし
すべての映画レビューを見る(全37件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る