つ・む・ぐ 織人は風の道をゆく

劇場公開日

  • 予告編を見る
つ・む・ぐ 織人は風の道をゆく

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

タイ東北部イサンの村人たちが織る布を物語の軸に据え、華やかな仕事を手放してタイに渡った服飾デザイナー・さとううさぶろう、病院の外科医を辞め、終末期の患者に寄り添う医療をはじめた船戸崇史医師、加藤登紀子の次女としても知られる歌手で、大手レコード会社との契約を解除し、千葉県鴨川市の里山「鴨川自然王国」で農を取り入れたスローライフを送りながら音楽活動をしている歌手Yaeの3人の生き方を追うことで、「命を紡ぐ」とはどういうことかを描き出していく。タイ、中国、ラオス、日本で7年間をかけて取材・撮影されたドキュメンタリー。

2013年製作/98分/日本

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2013 Apple of Eyes Co. Ltd.

映画レビュー

5.0包まれる温かさ

Lunaさん
2014年3月30日
PCから投稿

泣ける

幸せ

大雪の日に渋谷で行われた初上映会にて拝見いたしました。それは、私がちょうど身内を立て続けに亡くし、命を奪う病への悔しさと大切な人を失った喪失感で混乱していた時期でした。
映画を見ながら、ただただ涙があふれました。悲しい、寂しい、そういう涙ではなく、言葉で表せない包まれるような温かさを感じました。その後もふと「つ・む・ぐ」の映画を思いだすと、優しく背中を押されるような気持ちになります。
この映画は3人の生き方を描きながら、人が一番考えたくない「死」を、布を織る様に誠実に優しく描くことで、見る人を柔らかい布で包み「生ききる」事を示してくれるように思います。
ありがとうございます。また見に行きます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Luna

4.5生きる!~美しい地球で命を紡ぐ~

2014年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

幸せ

タイの村で、探していた『布』に出会ったうさとさんの目はキラキラと輝いていました。

布を織る人の「草木染めは、様々なイメージを作り出してくれます。空・水・光を織りまぜて作ることは本当にたのしいことです」その言葉が心に響 きました。

美しい自然を感じて生きるから、喜びの中で生きることができる。喜びの輪が広がっていく。その喜びが次世代につながっていく。

反対に言えば、美しい地球がなければ、私たちは喜びの中で生きることはできない・・。

この映画は、美しい地球が映しだされてました。力強い大地、田んぼの生き生きとした緑、美しい棚田、林、牛、美しい海、輝いている太陽、海に沈む夕日…

自然と共に生きる人々の溢れでる笑顔は、美しい自然と同じくらい輝いていました。

「美しい地球と共に生きること、大地に感謝して生きること『美しい星・地球』を残すことが、次世代へ、喜びの輪の中で生きることを伝える」というメッセージを映画から受け取りました✨✨✨

素敵な映画をありがとうございます(*^^*)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はっぴい

4.5全てはこころが決める

moemoekoさん
2014年3月25日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

「今」をせいいっぱい生き抜く映画と出逢いました。

どんなにかつらく、厳しく、悲しい時であっても
『心』の在り方ひとつで、それまでの自分自身の生きざまは決まる。
周りの人に残す影響も、計り知れないものとなる。

タイの草木染の話。
日本でのガン患者の話。
そしてそれにかかわる方々が、精一杯生き抜く人たちへ心から応援する話。
自然と、人と、心が一体化された、
一歩ずつ強く感じさせられるドキュメンタリー映画です。

わたしもこう生き抜きたい、って思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
moemoeko

5.0自分の生き方を考えた!

にゃおさん
2014年3月23日
Androidアプリから投稿

泣ける

幸せ

うさぶろうさん、船戸さん、yaeさん。なんとなく知っているみなさんの筋の通った生き方が、温かいカメラワークで映し出されていました。貫いて生きている人たちの生きざまから励まされました。

そして映画を見終わってからは、「自分はどうしたいのかな?」と、自然に問うようになりました。「なにかやらねば!」という肩肘張った自問自答ではなく、ゆったりと自分の人生を振り返ることができました。

若いひとにも、同世代の女性にも、そして人生の終活をしている両親世代のみなさんに、見ていただきたい映画です!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
にゃお
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「つ・む・ぐ 織人は風の道をゆく」以外にこんな作品をCheck-inしています。