少女は異世界で戦った

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
少女は異世界で戦った
16%
31%
47%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

4人の少女が剣を武器に謎の侵略者と戦う姿を、「デスノート」シリーズのほか、「プライド」「ばかもの」など多彩なジャンルの作品を手がける金子修介監督が描いたSFガールズアクション。銃や核といった武器がなくなった世界に、根絶されたはずの銃を所持した謎の侵入者たちが現れ、戦士として育てられたアリサ、レイ、マリ、ミキの4人の少女は、剣術と体術を武器に戦い続けていた。やがてアリサたちは、自分たちとそっくりの人間が暮らすパラレルワールドがあり、侵略者たちは、銃火器がいまだ存在するそちらの世界(アナザーワールド)からワームホールを通じてやってきたことを知る。アナザーワールドのアリサたちは、4人組の人気アイドルとして活躍しており、違う人生を歩む自分たちの姿を見たアリサらは、人殺しを続けることに葛藤を抱くが……。全日本新体操選手権2連覇の実績をもつ花井瑠美、空手経験を生かし若手アクション女優として活躍する武田梨奈、元「AKB48」の加弥乃、園子温監督作「TOKYO TRIBE」のヒロインにも抜てきされた清野菜名が、主人公の4人を演じている。

2014年製作/97分/G/日本
配給:MAMEZO PICTURES

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18

(C)2014「少女は異世界で戦った」製作委員会

映画レビュー

4.5偏愛したくなる何かがある

おつかさん
2020年2月20日
スマートフォンから投稿

悲しい

幸せ

萌える

脚本家で監督もする元編集者でライターの山崎邦紀さんが、「私は精神的レズビアンである」というエッセイをむかし書いていたが、金子監督もそうなんじゃないかな、と、一緒に観に行ったビアンの同居人と話したような、話さなかったような。

あとアクションはガチ。
そういえば清野さんは『東京無国籍少女』のアクションも良かった。新文芸座あたりでの特集上映希望!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おつか

3.0内容はアレでしたが、とりあえず4人のガールズアクションは堪能できたかな

2016年7月5日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

幸せ

萌える

細かいことは抜きにして、とりあえず主演4人のガールズアクションを見れればそれで良しと割り切って見ましたので、まあお世辞にも褒められた脚本ではなかったし、見せ方にも少々問題はありましたが、基本的には楽しめました。
アクション映画ですから、当然アクションが多いに越したことはない訳で、その意味では実際彼女達がほぼスタント無しで挑んだアクションがメインの映画となっていましたから、そこはまあ十分堪能できた映画だったかなと。
ところであの無駄に胸の開いたチョイエロなコスチュームは監督の趣味でしょうか?ご馳走様(笑)

ただ惜しいのは、四者四様の戦い方はしていたものの、いまいちキャラの個性は出ていなかった印象で、そこはちょっと勿体無かったかなと。
もう少しこのキャラだから彼女はこの戦い方とか、見る者に印象付ける演出が何か欲しかったですね。
プロレスチックなアクションや新体操チックなアクションなんか、意味不明でしたから。
しかし武田梨奈のアクションはさすがの一言、他の3人も予想以上に魅せてはくれましたが、武田梨奈はその中でも一歩抜きん出た存在でしたよね。

そんな4人は「かの世界」ではソルジャー、「この世界」ではアイドルと言う設定でしたので、彼女達のアイドル姿を見れるのもこの映画の売りだったと言えましょうか。
ただ正直言えば現実のアイドル界だったら売れなさそう(劇中ではファンがたくさんいましたけど)、元AKBの加弥乃以外は確実に向いてない印象でしたもんね(苦笑)
まあ武田梨奈や清野菜名のそんな姿を見れるのも、ある意味貴重と言うことで・・・でもあの歌、結構耳に残るんだなぁ。

で、肝心のストーリーはと言うと、かなり微妙、テレビの特撮戦隊物よりも下手すると・・・。
パラレルワールドの話でしたけど、低予算も相まってか見せ方にも相当問題ありで・・・。
一切血が流れないことから、嘘くさいアクションになってしまったのも本当に勿体無い。
4人はアクションに関しては相当頑張っていただけに、あの見せ方は気の毒だったなぁ。
とは言え、それでも武田梨奈、花井瑠美、清野菜名、加弥乃を存分に堪能することだけは出来たんで、まあOKでしょう!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スペランカー

3.0金子監督だけにバトルしてても「可愛く」撮れてる!まとまりがないのが残念

ykonoさん
2015年1月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

萌える

関西では公開されなかった(怒)ので東京出張時になんとか(東京でもレイトショーのみで運良く?宿泊出張があったおかげで)観られた.
ほぼ吹き替えなしの個々のアクションは良い(当然のことながら武田梨奈の動きが群を抜いているが)し,金子修介監督だけに女の子それぞれの魅力が撮れているのだが…まとまりがないのが残念.低予算が原因とも思えないが…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ykono

3.5金子さんらしい「バトルオブ1999年の夏休み」

2014年11月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

萌える

まあタイトルにつけたのが全てです(笑
とは言えこういうソードアクションをやる時は、説明抜きにやる場合もあるけど、ちょっとした理屈をつけたりしているのがこれまた金子さんらしい。
でも少女がガチアクションっていうのは色々作られているけれど、こういう風に可愛く撮ることにかけては金子監督の右に出る者は無いなーって思いました(笑
あとそろそろそっち方面の方々(誰?)は武田梨奈ちゃんで、深夜枠とかでキューティーハニー・THE LIVEみたいな企画立てるべき。もちろんライバル(2号ライダーポジション)には清野菜名ちゃんを推す。
パイロットはもちろん金子監督にお願いしてというね(笑

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tonbori堂
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る