オマールの壁

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
オマールの壁
オマールの壁
18%
65%
15%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「パラダイス・ナウ」のハニ・アブ・アサド監督が、緊張下にあるパレスチナの今を生き抜く若者たちの現実を、サスペンスフルに描く。第66回カンヌ映画祭ある視点部門審査員賞を受賞し、第86回アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた。長きに渡る占領状態により、自由のない日々を送っているパレスチナの若者たち。パン職人のオマールは、監視塔からの銃弾を避けながら、分離壁の向こう側に住む恋人のもとへと通っていた。そんな日常を変えるため、オマールは仲間ともに立ち上がるが、イスラエル兵殺害容疑で捕えられ、秘密警察より拷問を受けることとなる。そこでオマールは、囚人として一生を終えるか、仲間を裏切りスパイになるかという究極ともいえる選択を迫られる。100%パレスチナの資本によって製作され、スタッフは全てパレスチナ人、撮影も全てパレスチナで行われた。

2013年製作/97分/G/パレスチナ
原題:Omar
配給:アップリンク

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第86回 アカデミー賞(2014年)

ノミネート

外国語映画賞  

第66回 カンヌ国際映画祭(2013年)

出品

ある視点部門
出品作品 ハニ・アブ・アサド
ある視点部門 審査員賞 ハニ・アブ・アサド
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ミスト
  • マングラー
  • ROOM237
  • この子の七つのお祝いに
  • 世にも怪奇な物語
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • チャイナ・ゲイト
  • ショック集団
  • 裸のキッス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5神?

2020年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジャーニー

5.0犠牲愛

2020年2月18日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

最近観た中で一番心を打たれた映画。懸命に生きているオマール( Adam Bakri)のせつない犠牲的愛の物語。こんなこと私には到底できないわと一言言いたくなるような映画。
2013年ごろ彼らはウエストバンクのパレスチナ自治区ヘブロンHebronで生きていくしかない。現在もイスラエルとのパレスチナの領土問題は現在も終わることなく続き、ますます米国の援助によってイスラエル入植地が拡大している。

ウエストバンクHebron というなかにいるパレスチナ人たちはこの中にいるだけで、どこにも行けない。海は遠くないのに見たこともないらしい。そこに、『ニュージーランドに査証をとって行く』と。他の人はどこがニュージーランドかもしれないとも。明るくポジティブなオマール(Adam Bakri)はガールフレンド(トレックの妹)の家に行くのにもパレスチナの地域と地域を隔てる巨大な壁(Oalandia Wall?)があるから、それを乗り越えなければいけないようになっている。乗り越える時、ユダヤ兵士に見つかれば機関銃で撃たれる。それに、イスラエル兵にパワハラされて、誰だっていつか仕返しをしてやりたくなると思う。

ガールフレンドのナディア(Leem Lubany)との愛を育みパン屋でピタブレッドを焼いてお金を貯めている。結婚して、部屋のここにテレビを置いてなどと二人の夢は膨らむ。パリに行ってみることも考えているが、それはただの夢だということを二人は百も承知だ。なぜなら、彼らはHebronハーブロンを一歩も出ることができないのだから。一瞬でも彼らに夢を持たせてあげたくなる。この望みがあってもどうすることもできないジレンマに置かれているんだから。

この映画のストーリーを説明するよりオマールについて書きたい。アダムは新人俳優だったらしいが、かっこいいし体力のあるニュヨークの俳優だ。多分あの壁を登って、細い路地を走り抜けているのはスタントじゃなくて彼じゃないかと想像する。壁は彼の希望でもあり(ナディアが壁の向こうにいる)障害でもある。彼の行動の好きなところはナディアと結婚するため一生懸命働き金を貯めているところで、その金がナディアのためになるなら自分の利益に結びつかなくても使う。(他愛の精神)
あれだけ懸命にナディアとの生活を夢見て貯めたそのお金を幼馴染、Amjad とナディアの結婚資金
のためにそれを差し出す。ナディアが妊娠しているから兄のトレックが承知していると言って二人を結婚させる。それに、裏切り者で嘘つきの幼馴染(Amjad)をイスラエル側に売らなかった。ユダヤ兵を殺したのはAmjadなのに。
オマールはイスラエル軍側とハーボン町の縄張りの両方と接触したが、自分のグループの人たちをうらぎらなかったしうらなかった。自分を捨てても、ナディアの生活をまもってあげるということ遂行した。結婚できなかったけど、これが彼女にあげられる愛だから。自分の仲間を裏切らなかったということはいい仲介者だったともいえると思う。でもこのことを知っているのはオマール本人だけだった。

最後にナディアはAmjadと結婚してもオマールと交換した愛の詩をまだ持っているとわかり、きっとオマールは彼女はまだ自分のことを愛していると思ったにちがいない。一緒になれないけど、これらの手紙(詩)をもっているとわかっただけでかれは幸せになった。そのあと、彼女に対する愛がまた強くなったと思う。

パレスチナに自由を。これ以上彼らの生活を苦しめるな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Socialjustice

0.5スーパーマスターベーションブラザーズ

2018年12月5日
iPhoneアプリから投稿

つまるところ、誰も自身の罪を省みていない。
非常に短絡的な物語。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろっぺ

3.0日本に生まれて良かった…

2018年5月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

あんな日常で暮らし、恋愛もするパレスチナ。同じ時代に生まれながら、日本は幸せなものである。そりゃ平和ボケもするよね。
でも現実から目を背けてはいけないし、映画を通してだけでも世界に目を向けていたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画野郎official
すべての映画レビューを見る(全23件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る