キカイダー REBOOT

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
キカイダー REBOOT
5%
26%
36%
21%
12%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1970年代に絶大な人気を集めた石ノ森章太郎原作による特撮ヒーロー「人造人間キカイダー」を新たによみがえらせた特撮アクション。人間の手に負えない問題をロボットに解決させる国家プロジェクトを進めていた世界的ロボット工学者・光明寺が、実験中の事故で命を落とした。それから1年後、プロジェクト完遂のカギを握る光明寺の子ども、ミツコとマサルに魔の手が忍び寄る。そこへ光明寺が開発した心を持つロボット、キカイダーが登場。子どもたちを救ったキカイダーは、次第に彼らと心を通わせていくが……。本作が映画初主演となる若手俳優・入江甚儀がジロー/キカイダー役を熱演。オリジナル版でジロー/キカイダー役を演じた伴大介も出演し、新旧主人公が共演する。

2014年製作/110分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)石森プロ・東映 (C)2014「キカイダー」製作委員会

映画レビュー

2.5サイドマシンは出てこないけど・・・・

colt45SAAさん
2019年5月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

興奮

子供の頃土曜の20時に当時国民的番組「8時だよ!全員集合」の裏番組で放送された子供向けヒーロー物、それが「キカイダー」。
あの頃のテレビは今に比べ自由で過激だったなぁ。
この曜日の時間帯は「キカイダー01」で志穂実悦子のブラウスのボタンが外されるは、「キューティー・ハニー」でハニーが変身の際に全裸になったりともうハチャメチャ。
ただ、キカイダーはカルト的な人気があり、今作もそんな伝説的な風評が要因となり映画化されたと思う。
そこそこ今風なアレンジでキカイダーを正にリブートさせているが、実は今作のテーマに流れていないのがオリジナル版(石ノ森章太郎作の漫画)が持つ「ピノキオ」をルーツとしたキカイダーの内面。今作では一切描写されずマシーンとしてミッションを果たす姿のみ描写されていた。
そこも今風・・・とリアルタイムでTV版を観てた自分は思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
colt45SAA

1.0面白くないです

2018年9月4日
iPhoneアプリから投稿

造形を原作版にして欲しい
そして井口監督に撮って欲しいです!
良い原作あるんだから
わざわざ映画用のストーリー作らんで
良いのでは?ダークロボでもグレーサイだけじゃダメ 漫画版のアイヌ兄弟ロボとの戦いが
見たかとですよ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
猫爆

3.0良くも悪くも不完全

近大さん
2018年7月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

難しい

石ノ森章太郎原作で人気を博した往年の特撮ヒーローをリブート。
しかと見た事あったか無かったか記憶があやふやだが、キャラ自体は勿論知っている。その昔、超合金のおもちゃ持ってたっけ。

国家のロボット・プロジェクト“ARKプロジェクト”。
その先鋒を担っていた光明寺博士が謎の死。プロジェクトの鍵を握る博士の子供たち、ミツコとマサルが何者かに狙われる。
二人を救ったのは、博士が造り出した人の心を持つアンドロイド。その名は、キカイダー!

アンドロイドなのに着ぐるみスーツ感丸出しのオリジナルより遥かにアンドロイドっぽくカッコよくなったビジュアル。
入江甚儀が身体を張ったアクションを披露。
初代キカイダーの伴大介のゲスト出演。
“ARKプロジェクト”にある一文字を付け加えた名称、光明寺博士のライバルである“プロフェッサー・ギル”、終盤登場するもう一体のアンドロイド…。
エンディングの往年の主題歌と映像。
これらは馴染み深いファンには堪らないだろう。

もっと気軽に見れる娯楽作かと思ったら、なかなかシリアス。
『電人ザボーガー』『破裏拳ポリマー』など昨今リブートされた往年のヒーロー物がいずれもナンセンスな笑いを含んでいたのに対し、笑いの要素もほぼ皆無。(唯一、「だっふんだ」くらい)
『ターミネーター2』ばりに逃避行の中でキカイダーことジローと、ミツコとマサルの間に芽生える、人とアンドロイドの壁を超えた交流。
アンドロイドであるが、人の心を持つが故の苦悩・葛藤。
元の話がこうなのかは分からないが、『仮面ライダー』や『サイボーグ009』など、単純明快・勧善懲悪ではない石ノ森ヒーローの特色は本作でも一貫されている。

しかし果たして、それが良かったのか、悪かったのか。
まず、子供には小難しい。
往年のファンも童心に返れる娯楽作を期待した筈。
全体的にお堅く、それが平淡でテンポを鈍くしている。
テーマはいいが、ストーリー自体がちと弱い。
演技か本来の実力か分からないが、入江甚儀が感情表現に乏しく、魅力薄。
対照的な女アンドロイド役の高橋メアリージュンはなかなかインパクトあるのだが…。
現代風にシリアスに作るのはいいが、もうちょっと娯楽性を出しても良かったのでは…?

まあでも、それなりには楽しめた。
こういう往年の特撮ヒーローがリブートされるのは嫌いじゃない。
次はどの往年の特撮ヒーローがREBOOTされるか、ついあれこれ思い浮かべてしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

2.5キャラデザインは良いと思いました。高橋メアリージュンが女ターミネー...

yonda?さん
2018年4月5日
iPhoneアプリから投稿

単純

キャラデザインは良いと思いました。高橋メアリージュンが女ターミネーターみたいでいかしてた。
YMOとドリフが好き。とか弟君とのやりとり良いとおもった。「任務完了」からの流れ、「良心回路」の扱いなど脚本がいろいろダメだと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?
すべての映画レビューを見る(全34件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る