セインツ 約束の果て

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
セインツ 約束の果て
5%
38%
33%
10%
14%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ドラゴン・タトゥーの女」「ソーシャル・ネットワーク」のルーニー・マーラが自身初の母親役に挑み、米テキサスの荒涼とした大地を背景に、罪を背負った男女の愛を描いたドラマ。1970年代のテキサス。窃盗や強盗を繰り返してきたボブとルースのカップルは、ルースのお腹に新たな命が宿ったことで、強盗稼業から足を洗うことを決意する。しかし、最後と決めた銀行強盗でミスを犯し、逮捕されてしまう。ルースの身代わりとなり刑務所に行ったボブは、やがて娘が生まれたことを知り脱獄。追われる身となりながら、ルースと娘に会うため逃避行を続ける。ルースはボブの帰りを待ちながらひとりで娘を育て、そんなルースを陰から見守る地元保安官のパトリックは、ひそかに彼女に恋心を抱いていた。監督は本作が長編2作目の新鋭デビッド・ロウリー。

2013年製作/98分/G/アメリカ
原題:Ain't Them Bodies Saints
配給:プレシディオ、クロックワークス

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ハードコア
  • 桜金造の怪談 実録!死よりの生還
  • 封印映像「着席」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
  • デッド・ハーツ
  • 発狂する唇
  • 封印映像40
  • タイム・トラップ
  • 最後の審判
  • ジャック・アタック
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2013 ATBS Production LLC

映画レビュー

3.5時の観念を忘れさせる現代版の西部劇がそこにはあった

2018年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

なぜだか60年代のアメリカン・ニューシネマ時代の西部劇を見ているような感覚に陥った。眩い光が差し込み、もう何十年、何百年と繰り返されてきたであろう男女のやり取りを目にするにつけ、観る側もすっかり時の概念を忘れ去ってしまう。これを手掛けたロウリー監督がのちに『ア・ゴースト・ストーリー』で時空の壁をいとも簡単にヒョイと飛び越えて見せたことを考えると、時代背景をあえて曖昧にする作法は彼独特のこだわりと言えるのかもしれない。誰もが穢れを背負って生きている。メインとなる男女も自分たちの選んだ人生について覚悟を決めているし、彼らに手を差し伸べる人々もまた、単なる守護天使ではなく、心の内側に言い知れぬ過去を秘めていたりもする。その意味で邦題の「セインツ」とは非常に逆説的な言葉だ。しかしやがて訪れる運命を覚悟し、それでもなお、純粋にただ「会いたい」と願い続ける彼らの生き様を、人々はそう呼ぶのかもしれない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

3.5ルーニー・マーラが自身初の母親役に挑み、米テキサスの荒涼とした大地...

2019年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ルーニー・マーラが自身初の母親役に挑み、米テキサスの荒涼とした大地を背景に、罪を背負った男女の愛を描いたドラマ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

1.0胎動

2019年5月16日
iPhoneアプリから投稿

役者と風景がもたらす空気に委ねてばかりで、観察の域を超えない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たろっぺ

3.0待ち続ける儚さ

2017年5月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

西部劇の様相に初期T・マリックの雰囲気も感じられて埃っぽさに緑が印象的で綺麗な映像と静かな物語。

C・アフレック演じるボブは愛しているからといって何を根拠にあんな無謀で破天荒な行動を取るのか理解し難い。

寧ろ最後まで会わなくてもと願いながら鑑賞していたし男として父親の責任として自ら去るのも一種の美学。

三人のチンピラは立ち位置がイマイチ不明で目的も解らない。

R・マーラは魅力的で母親になる女性は強くて"ガスリー"って名も"ウディ・ガスリー"を意識している?この作品のLOOKに合っていてナイス。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る