天才スピヴェット
ホーム > 作品情報 > 映画「天才スピヴェット」
メニュー

天才スピヴェット

劇場公開日

解説

「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督が自身初の3D映画として、ラルフ・ラーセンの冒険小説「T・S・スピヴェット君 傑作集」(早川書房刊)を映画化。気持ちがバラバラになってしまった家族を元に戻そうと奮闘する、天才少年の葛藤や成長を描いた。米モンタナに暮らす10歳の少年スピヴェットは、天才的な頭脳の持ち主。しかし、時代遅れなカウボーイの父と昆虫の研究に夢中な母、アイドルになりたい姉という家族に、その才能を理解してもらえない。さらに弟が突然死んでしまったことで、家族は皆、心にぽっかりと穴が開いていた。そんなある日、スミソニアン学術協会から権威ある科学賞がスピヴェットに授与されることになる。家族に内緒で家出をし、数々の困難を乗り越えて授賞式に出席したスピヴェットは、受賞スピーチである重大な真実を明かそうとするが……。

作品データ

原題 L'extravagant voyage du jeune et prodigieux T.S. Spivet
製作年 2013年
製作国 フランス・カナダ合作
配給 ギャガ
上映時間 105分
映倫区分 G
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

インタビュー

ジャン=ピエール・ジュネ、天才子役カイルくんと生み出したエモーショナルな物語
インタビュー

「デリカテッセン」「アメリ」など、独特のユーモアにあふれた物語を生み出してきた仏監督ジャン=ピエール・ジュネ。3Dに初挑戦した新作「天才スピヴェット」は、これまでの作品から一変し、天才少年の心の機微と成長をエモーショナルに描き出した。...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

天才児の奇想を3D映像と子役の表情が具現化するおおらかなファンタジー
天才スピヴェットの映画評論・批評

ジャン=ピエール・ジュネ監督といえば「アメリ」がすぐに引き合いに出されるが、それ以前にマルク・キャロと共同で撮った「デリカテッセン」や「ロスト・チルドレン」と比較してみると、より彼自身の本質がよく見える。つまり「アメリ」の方が斜に構え...天才スピヴェットの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全102件)
  • 変わった不器用な家族と天才少年の話。 変わった不器用な家族と天才少年の話。 ...続きを読む

    lemon lemonさん  2018年8月1日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ジュネ監督流「ステキな家族」 期待以上に良かったです!「家族」をテーマに、面白くてちょっと泣かせるストーリー展開。こういうの凄く好きだ!主人公はもちろん、お父さんやお母さんもすごく魅力的なキャラクターで、ジュネ監督らしくて最... ...続きを読む

    セツ セツさん  2018年6月10日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 楽しめました アメリのジャン・ピエール・ジュネ監督なので期待しすぎたかな?でも楽しめました。 ...続きを読む

    むっしゅ むっしゅさん  2018年5月23日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「天才スピヴェット」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi