サンシャイン 歌声が響く街 : 映画評論・批評

サンシャイン 歌声が響く街

劇場公開日 2014年8月1日
2014年7月28日更新 2014年8月1日よりヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほかにてロードショー

悩み多き人生に差し込む光を謳う、スコットランドのジュークボックス・ミュージカル

ジュークボックス・ミュージカルとは、「マンマ・ミーア!」や「ジャージー・ボーイズ」のように、既存の歌を集めて作られたミュージカルのこと。この「サンシャイン」もしかり。スコットランドのフォーク・ロック・バンド、プロクレイマーズの楽曲を集めて作られたジュークボックス・ミュージカル(舞台作品)の映画化だ。

特筆すべきは、曲と場面の整合性。冒頭、アフガニスタンの戦場へ向かう兵士たちが歌う「Sky Takes The Soul」は、1987年(アフガニスタン紛争勃発の14年前)にリリースされたデビューアルバムの曲だが、死と背中合わせの不安を訴える歌詞は、この場面のために書かれたオリジナルのように感じられる。プロクレイマーズに対する理解とリスペクトに裏打ちされた曲の使い方は、このミュージカルのいちばんの魅力だ。

画像1

スコットランドのリースに住む家族を主人公にした物語は、三組の男女の愛の試練にスポットを当てている。結婚25周年を迎えた夫妻(ピーター・ミュランジェーン・ホロックス)は、突然存在が明らかになった夫の隠し子騒動に揺れる。一方、夫妻のアフガニスタン帰りの息子は、同棲まもない恋人との価値観の相違につきあたる。さらに、彼の妹は、恋人にプロポーズされたことでキャリアをとるか結婚をとるかの選択を迫られる。

この登場人物の中に悪気のある者はひとりもいない。それなのに全員が大いに傷つき、大いに苦悩するはめになる。人生とはかくもままならないもの。しかし、だからこそ思いがけない喜びに出会うこともある。そのささやかな幸福感が、ここでは曇天ばかりのリースの街に差し込む太陽の光になぞらえて描かれる。

ディズニー・ミュージカルのようなファンタジー性や、「レ・ミゼラブル」のような大作感とは無縁だが、このミュージカルにはスライス・オブ・ライフ(ごく普通の人の人生を切り取った作品)の趣がある。それがとても愛おしく感じられる作品だ。

矢崎由紀子

関連コンテンツ

インタビュー

デクスター・フレッチャー、英ミュージカルの映画化に挑んだ「サンシャイン」を語る
インタビュー

傷つきバラバラになった家族が、再び希望に向かって歩き出す――イギリスの大ヒットミュージカルを映画化した「サンシャイン 歌声が響く街」は、愛に迷った人々を見つめた人生賛歌だ。俳優、監督として活躍するデクスター・フレッチャーが、パワフルか...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全17件)
  • エディンバラの美しい街並みが最大の見所 英国で大ヒットを遂げた有名ミュージカルを映画化。プロクレイマーズが80年代に発表したアルバムの楽曲を散りばめながら、恋人たちとその家族の愛と絆を謳った前向きな物語に仕上がっている。作品の核として... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2017年2月28日 14:36  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 妻の決断。 ネタバレ! ...続きを読む

    ハチコ ハチコさん  2017年1月12日 14:06  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ベタというべきか イギリス映画と言われればらしさはあるものの、うーん。 帰還兵とその家族、隠し子がいた夫、娘の存在を知った中年期。と、背景を掘り下げることもできるとは思うのですが、そういう訳でもなく。 一概に... ...続きを読む

    ミカ ミカさん  2015年11月7日 18:34  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報