THE DEPTHS

2010年製作/121分/日本・韓国合作

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
プロデューサー
原尭志
シム・ユンボ
脚本
濱口竜介
大浦光太
撮影
ヤン・グニョン
照明
後閑健太
整音
金地宏晃
美術
田中浩二
編集
山崎梓
助監督
菊地健雄
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0カメラは現実に介入している

2022年3月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

濱口竜介監督の自主製作『何食わぬ顔』は映画を作る青年たちの話で、『親密さ』と『ドライブ・マイ・カー』は演劇を作る人の話で、この『The Depth』はカメラマンとモデルの話だ。『親密さ』や『ドライブ・マイ・カー』は映画や舞台を通して、人と世界を見つめる人の話だが、そうした作品群とも共通点のある作品だと思う。韓国から友人の結婚式を撮影しにきたカメラマンが、男娼の青年を見出し、撮影してゆく。モデルとカメラマンの関係はいつしかそれを超えていく。
石田法嗣演じる男娼の青年は、カメラで撮られることでその魅力を高めていく。カメラは現実を切り取る機械だが、一人の人間に向けた時、その人物に関わっている。カメラはただ現実を切り取るだけでなく、ある意味で介入している。
ラストカットが本当に素晴らしい。同じ方向を向いていたはずだけど、決定的にズレていく人間関係というものがあるが、そういうものが象徴的に映されていた。『ドライブ・マイ・カー』にもこれと似たようなシーンがあった。これの引用だったのだろうか。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
杉本穂高

3.0カメラマンと男娼

2020年3月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

友人の結婚式に出るため、韓国からやってきたカメラマンの男が主人公。
肝心の結婚式は花嫁に逃げられてお終い。
友人宅にしばらく逗留するが、たまたま出会った男娼に被写体として魅かれてしまう。
ほとんど男の世界だが汗臭くはない。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る