ホットロード

劇場公開日

ホットロード
17%
31%
35%
12%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「別冊マーガレット」(集英社刊)で1986~87年に連載され、単行本は全4巻で累計発行部数700万部を突破した紡木たくの人気少女コミックを実写映画化。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈が主演し、母の愛を感じられずに非行に走る主人公の少女・宮市和希を演じた。「ソラニン」「僕等がいた」の三木孝浩監督がメガホンをとり、「僕等がいた」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の吉田智子が脚本を担当。和希がひかれる不良少年・春山洋志役は、映画初出演となる「三代目J Soul Brothers」の登坂広臣。望まれて生まれてきたわけではないと知り、心を痛める和希は、転校生のえりに誘われて行った夜の湘南で暴走族「Nights(ナイツ)」の春山に出会い、不良の世界に居場所を求めるようになる。次第に春山への思いを募らせていく和希だったが、Nightsのリーダーとなった春山は敵対するチームとの抗争に巻き込まれていく。主題歌には、尾崎豊の名曲「OH MY LITTLE GIRL」を起用。

2014年製作/119分/G/日本
配給:松竹

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第38回 日本アカデミー賞(2015年)

ノミネート

新人俳優賞 能年玲奈
新人俳優賞 登坂広臣
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)2014「ホットロード」製作委員会 (C)紡木たく/集英社

映画レビュー

4.0絶頂期の能年玲奈。十分過ぎる魅力と存在感でした。 家族愛についても...

tunaさん
2021年5月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

絶頂期の能年玲奈。十分過ぎる魅力と存在感でした。
家族愛についても考えさせられました。
登坂広臣、熱演でした。面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

1.0ミスキャスト

2021年2月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

キャストの年齢が、設定よりかなり高いので、ピンと来ない。HERO役2人の魅力が感じられない。

時代設定の頃の良さとかを、感じられない。

1番カッコいい、周りにホントにあった、時代にピッタリだった話しを、こんなにダサくしないでほしい。ガッカリ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マナティ

酷評になります。

2020年12月21日
スマートフォンから投稿

映画を好きな方達には本当に申し訳ないですが........。

原作のセリフやシーンを全て暗記してる私には本当に主役のお二人がミスキャストだったと思います。
どの台詞も全てが棒読み........。
他のキャストの方達も年齢設定がバラバラ。

映画だから時間内にまとめないといけないのは十分に分かっているつもりですが........それにしても端折りすぎです。

大切な台詞やシーンが殆ど抜けていて正直にガッカリでした。

まずは和希が金髪にする所から色々な話しが展開されていくのに金髪にしなかったのは事務所の方針ですか?
それを覚悟出来ないのなら和希役を引き受けて欲しくなかったです。

逆に脇役の方達の演技の方が素敵でした。

原作が好きすぎて映画になった時も全く見る気が無くて最近Huluでやっとで見ました。

本当に残念な気持ちで1杯になりました。
演技が駄目ならせめてビジュアルだけでも原作と寄せて欲しかったです。

酷評申し訳御座いませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
春山和希

3.0走れ!青春のんストップ

2020年8月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

楽しい

萌える

映画館では2014年9月14日地元のイオンシネマで鑑賞

原作未読

能年玲奈かわいい
レプロいいかげんにしろ
バーニング滅びろ

20歳くらいが高校生を演じることは当たり前だが中学生は稀だ
原作は中学生なのかもしれないが中学生でなければいけない理由は感じなかった
高校生に変更しても良かった気がする
でものんちゃんかわいいから15に見えなくもないかなあ

のんちゃんは兵庫県出身だが役者としては基本的に標準語
だが台詞で語気が荒くなるとあまちゃんのときのようになるような気がする

のんちゃんのちゃんとしたキスシーンがない
あってもいいような映画だがない
普通なら錠剤を口移しする場面とかしっかりと濃厚なディープキッスをしなければいけないのに
なんだよあの時代錯誤な表現は
のんちゃんがキスシーンNGだからだ
昭和初期の女優か
清純派というよりがきデカの阿部先生の様な堅物だ
東京ヤクルトスワローズ所属のプロ野球選手山田哲人内野手は「キスシーンNGの女優と付き合い」という強い希望があるらしい
山田選手ものんちゃんと同様に兵庫県出身だし馬が合うかもしれない
彼氏がいないなら付き合って結婚すればいいと当時は思った
キスシーンNGってところが天然記念物能年玲奈らしい

尾崎豊の名曲がまたエンディングテーマに起用される
無免許でバイク盗むやつなんかよりこれが一番好き

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄
すべての映画レビューを見る(全155件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る