アオギリにたくして

劇場公開日

アオギリにたくして

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アオギリの語り部」と呼ばれ、広島平和記念公園にある被爆したアオギリの木の下で子どもたちに被爆体験を語り続けた被爆者の故・沼田鈴子さんをモデルに、原爆で片脚を失い、婚約者にも戦死されてしまった女性が、絶望のどん底から這い上がり、平和の語り部として生きる決意を抱いていく姿を描いた人間ドラマ。広島で被爆したアオギリの苗を植樹する活動を広めた田中節子という女性に興味を抱いた雑誌ライターの片桐千草は、取材中に知り合った節子の妹から節子がつづった日記を預かるが、そこには原爆で脚を失った女性の苦しみが克明に記録されていた。

2013年製作/120分/G/日本
配給:ミューズの里

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
中村柊斗
企画
中村里美
製作
中村里美
伊藤茂利
統括プロデューサー
中村里美
プロデューサー
伊藤茂利
撮影監督
倉本和人
曽根剛
撮影
佐久間栄一
照明
淡路俊之
録音
山口勉
美術
中根加代估
与謝蕭風
ヘアメイク
村松直美
編集
倉本和人
曽根剛
音楽監督
伊藤茂利
主題歌
中村里美
挿入歌
中村里美
挿入曲
伊藤茂利
中村里美
レコーディングエンジニア
岡部晃久
MA
山下裕康
チーフ助監督
中根克
上野山雅也
制作チーフ
中村里美
伊藤茂利
題字
吉田しん子
イラスト
吉田しん子
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

映画レビュー

2.0意義はある

2014年6月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

原爆による被害者救済という言葉がなかった時代の悲しさは分かりやすい、今も被爆三世や四世に差別がない………とは言えない状況だから。

だが、映画としては未熟。1度は完成したものの撮り直してこの内容になったらしい。
撮り直してこの出来なら、リテイク前はどんなだったのか?
後、BGMがドラマに合ってないかんじで、変に浮いた雰囲気になる。

意義はある………がもう1つ出来が悪い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
うにたん♪
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「アオギリにたくして」以外にこんな作品をCheck-inしています。