一分間だけ

劇場公開日

一分間だけ
8%
30%
23%
31%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「カフーを待ちわびて」「ランウェイ☆ビート」などで知られる人気作家・原田マハのベストセラー小説を、台湾の人気俳優ピーター・ホー&チャン・チュンニン主演、新鋭女性監督チェン・フイリンのメガホンで描いた日台合作映画。製作総指揮には、アン・リーの弟ガン・リー。ファッション雑誌編集者のワンチェンは、ある日ゴールデンレトリーバーのリラを飼うことに。恋人と一緒に育て始めるが、仕事に夢中になる日々の中で、次第に大切なものを見失っていく。やがて恋人が去り、残されたリラとの生活を負担に感じ始めた頃、リラが病に侵されてしまう。

2014年製作/112分/G/日本・台湾合作
原題:只要一分鐘 A Minute More
配給:ティ・ジョイ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2014映画「一分間だけ」

映画レビュー

3.0犬の名はゆりやんではない

kossyさん
2022年3月6日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 仔犬のゴールデンレトリーバーはむちゃくちゃ可愛い。ペットショップで思わず一目惚れ。相思相愛になったかのようなワンチェンとリラ(メス)。恋人ハオジエと一緒に育て始めるが、雑誌編集者として仕事が充実していく中、徐々に犬から離れていってしまうが・・・

 同じレトリーバーということもあって、『マーリー世界一おバカな犬が教えてくれたこと』を思い出してしまうほどのバカっぷりを見せてくれたリラ。でも可愛い。犬の飼い主になることは努力が必要なんだと痛感するし、一緒にいてあげることが最大の愛情ということもわかる。

 珍しく男の方は主夫であり、犬への愛情はたっぷりなのに、仕事が忙しくなると二人のすれ違いが生じてしまう。犬との生活のために郊外へと引っ越したことも原因の一つ。バランスが難しいですね。

 犬好きにとっては涙腺が緩みっぱなしになる作品ではあるけど、余計な部分が多すぎた気がする。雑誌の取材やファッションショーなどどうでもいいので、もっと犬中心に描いてほしかった。病気になってからじゃ遅いよ・・・短編の「ねえ、マリモ」なんてわずか11分で泣けるんだから・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

2.0犬好きにはたまらない

2014年6月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
しろこめ

4.0号泣でした

meguさん
2014年6月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

わかりきった感じのストーリー展開ではありましたが、涙が止まりませんでした。たまにはこういうのもいいと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
megu
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る