オンリー・ゴッド

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
オンリー・ゴッド
9%
27%
34%
19%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督とライアン・ゴズリングが再タッグを組んだサスペンスドラマ。タイのバンコクを舞台に、兄を殺され復讐を遂げようとする男の前に、神を名乗る謎の男が立ちはだかる様子を、レフン監督独特の映像美と過激なバイオレンス描写とともに描き出した。バンコクでボクシングクラブを経営し、裏では麻薬の密売にもかかわるジュリアン。ある日、兄のビリーが惨殺され、アメリカで巨大犯罪組織を仕切る母のクリステルは、ジュリアンに復讐を命じる。しかし、そんなジュリアンの前に、元警官で裏社会を牛耳っているという謎の男チャンが立ちはだかる。

2013年製作/90分/R15+/デンマーク・フランス合作
原題:Only God Forgives
配給:クロックワークス、コムストック・グループ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2012 : Space Rocket Nation, Gaumont & Wild Bunch

映画レビュー

2.5降参です。

なおさん
2019年4月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

難しい

ゴズくん主演ということで『ドライブ』を期待して観ると、腕を落とされる大怪我するが、『ヴァルハラ・ライジング』を覚悟して観るとギリセーフ。他はともかく、なぜにカラオケなのかがよくわかりません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

1.0ライアン…なぜ出演したの?

2018年6月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

賛否両論あることを承知で観ました、が、退屈…。

淡々とBGMもなく流れる時間との戦い…。
セリフもほぼなく、ママとの近親相姦で他の女に欲情できないジュリアンの復讐したくないけどやんなきゃいけないっぽいなー劇。

ベトナムのマフィアって、日本刀っぽいけど日本刀じゃない刀なんて使うの?タトゥーも任侠映画っぽくて、おじさんの刀練習もゆっくりだし、なんか色々中途半端な印象。

1.5倍の速さで観て丁度良かった。
好きな人は好きなんだろうなー。

しかし、なんでライアン・ゴズリングはこの映画に出演したのだろ…不思議。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
soleilヾ(´ε`○)

4.0マザコン全開!アートでバイオレンスな変態映画。

2018年1月5日
iPhoneアプリから投稿

バイオレンスでエロティックで鮮烈な映画だった。

中でも、真っ赤な部屋で椅子に座り手を縛られた状態で自慰行為にふける美女を見るシーンは強烈。
ただの濡場かと思いきや、アート映画としての美しさとバイオレンスさを兼ね備えていて斬新だった。

何よりゴズリングが絵になる、それだけでもう美しい。

セリフやBGMも極力減らしているせいか、映像の中毒性がダイレクトに来ます。
ライティングの妙もあってか、ストーリーとかどうでも良くなるくらいビジュアルに持って行かれる映画でした。

強烈なマザーコンプレックス故、去勢された男性として生きているゴズリング。
その反動としての暴力への渇望。

横たわる母親の〇〇に触れるシーンには鳥肌が立ちました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジョイ☮ JOY86式。

4.5NWRの才能が開花した重要作

nagiさん
2017年9月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

本作と共に、最近公開された『My Life Directed By Nicolas Winding Refn』も観てほしい。1時間程度のドキュメンタリーで、レフンの妻リヴが彼の作品『オンリー・ゴッド』の撮影裏を映している。

そのドキュメンタリーによると、彼は『ドライヴ』の成功による周囲から新作への高すぎる期待がプレッシャーとなって苦しんでいた。彼は『ドライヴ2』は絶対に作らない、その強い信念を持って製作に臨むも、やはり『ドライヴ』ほど成功しないのではないかという不安にフラストレーションが溜まり、些細なことでリヴと衝突する姿も垣間見えた。

『ドライヴ』という成功の呪縛に苦しみながら作り上げた本作は、「他者の意見なんてどうでも良い」という意志をもった、緊張感・エネルギーに溢れた凄まじいクライム映画になった。

空間を真正面から撮影した絵、オブジェクトと化した非人間的なキャラクタ(カラオケシーンでの警官)がシュルレアリスム的不安感、浮遊感を煽る。さらに、やはりレフン映画の代名詞の強烈な光のコントラストは本作でも健在。健在というより、『ドライヴ』よりもさらに強烈になった。

この映画の賛否は別れた。やはり『ドライヴ』よりも成功はしなかった。
それでも、『ドライヴ』の呪縛にもがき苦しんだ彼が作り上げた本作品は、彼の真の才能を引き出した。この後に続く問題作『ネオン・デーモン』で彼の個性はさらに爆発することになる。

私は万人受けする『ドライヴ』よりも、『オンリーゴッド』『ネオンデーモン』の方が彼の意志が良く見え、快作であると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nagi
すべての映画レビューを見る(全57件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る