アドミッション 親たちの入学試験

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アバウト・ア・ボーイ」「アメリカン・パイ」のポール・ワイツ監督が、アメリカの大学入試事情を背景に描いたコメディドラマ。プリンストン大学の入試担当者として働く生真面目な女性ポーシャは、優秀な入学志願者を増やそうと躍起になっていた。そんな彼女のもとに、大学時代の同期だという男性プレスマンから電話がかかってくる。新設高校の教師だというプレスマンは、プリンストン大学を志望する男子生徒ジェレマイアを彼女に紹介。さらにプレスマンは、ジェレマイアにまつわる驚きの事実を打ちあける。出演は「ミーン・ガールズ」のティナ・フェイと、「無ケーカクの命中男」のポール・ラッド。

2013年製作/107分/アメリカ
原題:Admission

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

2.5題材勿体ない

近大さん
2016年5月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

単純

幸せ

このサブ邦題のせいか、ちょっと思ってたのと違ったかな。
大学の入学担当官のヒロインを主人公に、大学・親・生徒の思惑を交錯させながら、アメリカの大学入学事情をチクッと風刺した内容かと思ったら、
全米2位に落ちた所属大学の評判を取り戻す為優秀な生徒を入学させようと奔走するヒロイン、
大学時代の同期の男に招かれ、訪れた田舎町の大学で推薦された生徒がまさかの実の息子の可能性、
その男との新たなロマンス、
…などなど、仕事に恋に、ウーマン奮闘劇。
アメリカの大学入学事情も勿論描かれてはいるけど、特異な題材を扱ってる割りに勿体なかったかな…。
この手のアメリカン・コメディにしては地味。(つまりそれは珍しく真面目で品あり)
役者も地味。(ティナ・フェイは程よい美人だし、ポール・ラッドはこの後「アントマン」で一気に飛躍)
興味深い題材ではあるけれど、アメリカの大学入学事情と言われても…。
日本未公開は納得かな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

3.0アメリカの入試

tira3suさん
2015年11月8日
iPhoneアプリから投稿

Admissions Officerの仕事内容を理解するために鑑賞。アメリカの有名大学の入試制度がよく分かる。

キャストはコメディ寄りだが、内容はいたって真面目。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tira3su

2.0プリンストン入学事務局

ssspkkさん
2014年6月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

一応コメディなのか。笑えはしないが、悪くない感じ。だれひとり知ってる俳優もおらず、地味だけど、悪くない感じ。90分におさまるともっとよかったけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ssspkk
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「アドミッション 親たちの入学試験」以外にこんな作品をCheck-inしています。