ブロークンシティ

劇場公開日:

ブロークンシティ

解説

マーク・ウォールバーグとラッセル・クロウが共演し、ニューヨークを舞台に腐敗した巨大権力に立ち向かう元警察官の奮闘を描くクライムサスペンス。元警察官で私立探偵のビリー・タガートは、警察を辞職するきっかけとなったある事件の秘密を知るニューヨーク市長のホステラーに呼び出され、妻の浮気調査を依頼される。ビリーが調査を開始すると、浮気相手はホステラーの対立候補バリアントの右腕的存在であるアンドリュースと判明。しかし、ほどなくしてアンドリュースは何者かに射殺されてしまう。プロデューサーも務めるウォールバーグが単身で権力に立ち向かうビリーを、クロウが汚職にまみれた大物政治家のホステラーを演じる。監督は「フロム・ヘル」「ザ・ウォーカー」のアレン・ヒューズ。「ドラゴン・タトゥーの女」のアティカス・ロスが音楽を担当。

2013年製作/109分/G/アメリカ
原題:Broken City
配給:ショウゲート

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2012 Georgia Film Fund Seven LLC and Monarchy Enterprises S.a.r.l.

映画レビュー

1.5むー、

2022年8月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

もうちょいおもしろさが欲しかったかなあ。

有名どころも出てたのになあ。

登場人物も多め?で、難しかった(笑)

コメントする (0件)
共感した! 0件)
けい

3.5せっかく7年も禁酒してたのに・・・

2020年8月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 7年前に黒人男性をレイプ犯だとして射殺たため、警察官を辞め、浮気専門の私立探偵をやっているビリー・タガート。秘書ケイティへの給料も滞る中、現職NY市長のホステラーから妻の浮気調査を依頼される。

 政治汚職とそれぞれの罪について、マーク・ウォールバーグとラッセル・クロウがガチンコ対決するストーリー。まぁ、一件の汚職といっても40億ドルをかける都市再開発だから、かなり酷い政治腐敗ではある。

 結局、夫婦の意見の対立とかも絡んでくるし、ゼネコンにしても親子の確執があったりと、市長選以外にも対立構図だらけ。正義を貫けるか?などと、最後には見せてくれるウォールバーグだったけど、自らの罪をも認めなければならない。この心の葛藤もけっこうあっさりしていたし、緊迫感は持続しなかった。でも、世界全体の政治腐敗の縮図を描いていて、立派に社会派映画になっていました。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
kossy

2.02020の今

2020年8月14日
iPhoneアプリから投稿

豪華キャストなのにキレのない展開だったなあとは感じたが、2020.8にこの2013公開の映画を見るとこの4年間トランプはこの映画を反面教師に大統領ごっこしてるのかなとも思えてその意味で面白い。NYの地上げ屋と市長(ジュリアーニ)の腐れ縁とか警察とBLMとか。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
もか

4.0正義のために・・・

2020年8月4日
スマートフォンから投稿

楽しい

怖い

日本の2時間ドラマのような地味な内容かもしれませんが、キャストも好きですし、良かったです! 女性陣が綺麗だった(^-^) 全然セリフもないですが、ラッセル・クロウの秘書の女性、あの雰囲気何か好きです(笑)

コメントする (0件)
共感した! 1件)
映画は生き甲斐
すべての映画レビューを見る(全25件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る