リベンジ・マッチ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
リベンジ・マッチ
リベンジ・マッチ
13%
54%
27%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ともにボクシング映画の傑作として名高い「レイジング・ブル」のロバート・デ・ニーロと「ロッキー」のシルベスター・スタローンが、ライバル同士の老ボクサーに扮し、人生最後のボクシングマッチに挑む姿を描いた。若い頃にピッツバーグのボクシング界で実力を競い合っていた、ヘンリー・“レイザー”・シャープとビリー・“ザ・キッド”・マクドネン。全米で注目を集めていた2人のライバル争いは、1勝1敗という対戦成績で迎えた運命の第3戦の前夜、レイザーが突然引退を発表して幕を下ろした。それから30年が経ち、金儲けのチャンスだと確信したプロモーターから「もう一度リングに上がり、今度こそ決着をつける」というオファーが2人のもとに舞い込む。

2013年製作/113分/G/アメリカ
原題:Grudge Match
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2013 Warner Bros. Entertainment Inc.

映画レビュー

3.5過去鑑賞作品

刺繍屋さん
2021年1月12日
iPhoneアプリから投稿

ロッキーのスタローンとレイジングブルのデ・ニーロ、どちらも嘗てボクサーを演じた事のある俳優さんという事で、エクスペンダブルズ同様自虐ネタを使いながら前半はコメディタッチで描がかれていましたね。

ただ笑いも有りながらも、二人の為人、過去の因縁等きちんと要所は押さえられている辺りはさすがでした。

そして、あのラスト(/´△`\)

二人の試合が始まってからはどのように締め括るつもりなのかずっと考えていましたが、なかなか佳い終わらせ方だったと思います。

それにしても、まさか最後にタイソンとホリフィールドが揃って出てくるとは思いませんでした(゜ロ゜;ノ)ノ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
刺繍屋

3.5【ロバート・デニーロ VS シルヴェスター・スタローン 本当かいな?と思いながら劇場に足を運んだら、本当に老齢のボクサーとして打ち合っていた!。】

NOBUさん
2020年1月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

幸せ

 が、本作のジャンルはスポーツ・コメディ(そんな分野あるのか??)である。

 未だに、何故に映画界に名を残す名優二人(取りわけボクシング映画に名を残したスタローンが何故?)がこの作品に出演することを決めたのか、謎である・・・。本当に・・。

 当然、興味は惹かれるが・・。

<2014年5月10日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

3.5スライ×ボビーの競演!ジジイの意地の張り合いに笑って燃える!

2019年12月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
たなかなかなか

3.0悪ノリのデ・ニーロをスタローンが引き締める

REXさん
2019年1月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

興奮

【ロッキー】対【レイジング・ブル】夢の対決。
しかしロッキーにはエイドリアンという永遠の恋人がいるから(しかも故人)ロッキーとして登場させるわけにはいかないし、レイジング・ブルも実在の人物を描いた作品なので、役名は二人とも別名。
だが、冒頭の過去の栄光シーンで各々の映画のシーンを利用しているのがにくい。

しかしデ・ニーロ演じる「ビリー・“ザ・キッド”・マクドネン」は【レイジング・ブル】のジェイク・ラモッタらしさをまるで継承していないようだ。
かつての重厚さがどこへやら、嫌々同窓会に顔を出したら思いのほか楽しくて異様なテンションで舞い上がっているおじさんのごとく、はしゃいじゃってはしゃいじゃって。
彼の悪ノリとケビン・ハートのせいで映画自体がかる~くなってしまった気が否めない。

そこを一人ロッキーのていで「ヘンリー・“レイザー”・シャープ」を演じる真面目なスタローン。

彼をB級系の扱いをする人が多いが、意外とシリアスだと思うんです私は。
ロッキーやランボーが人気シリーズになったのは、彼の独特の哀愁漂う存在感があったからこそだと思うのです。
彼の演技は批評家から【コップランド 】で評価され、そのときは「脱・アクション俳優か」なんて揶揄されたけど、そのとき特別スタローンらしさを捨てたとは思いませんでした。
何をいまさらと思いましたよ私は。

脱線しましたが、ロッキーを彷彿とさせる「卵飲み」「タイヤ持ち上げ」「トラック引き」という地味なトレーニングはファン泣かせだし、デ・ニーロも終盤はきっちり体を絞り、そこは元祖カメレオン俳優、きっちり仕事したな、と思います。

ヒロインにこれまた懐かしいキム・ベイシンガー、【 L.A.コンフィデンシャル】で返り咲いて暫くしたらまた一線から退いたけど、その独特の妖艶さは変わらず。
彼女とその息子が各々の陣営に分かれるところが脚本の妙。
最後にヘンリーの老セコンドが好きな番組「スターとダンス」にビリーが出演するオチもいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
REX
すべての映画レビューを見る(全38件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る